渡辺直美アメリカ進出!夢はコメディー映画で主演&賞

吉本所属の芸人、渡辺直美さんがアメリカ進出するそうです。

2月28日の「林先生の初耳学」でのインタビューを見ました。

渡辺直美さんは、現在インスタグラムのフォロワーが937万人。

日本でも十分に成功したと言える人ですが、アメリカに行く決心をした理由は何なのでしょう。

NY留学がきっかけ

2013年、レギュラーとして出演していた「笑っていいとも」「ピカルの定理」が終わりました。

そのとき、自分には力がなさすぎる、30歳まで持たないんじゃないかと思い、2014年にニューヨークへ短期留学を決意。

それまで「失敗しちゃいけない」という気持ちが強かったのに、留学したことによって失敗しても、「失敗しました。次行きます」と切り替えることが大事なんだと学んだそうです。

そして2019年には日本とアメリカを行き来する生活を始めます。

「もしかしてNYで頑張れるかも?」と思ったその勢いで家を購入!

費用の半分はキャッシュ、残り半分は聞いたこともない銀行から借りているそうですよ。

アメリカでの仕事の幅の広さ

なぜアメリカに行くのかという質問には、芸人の仕事の幅の広さはアメリカのほうがすごいから、と答えています。

日本では芸人の最高位はゴールデンでの冠番組のMCです。

アメリカも同じなのですが、それとは別に、ハリウッドで作られるコメディー映画の主演(エディ・マーフィーみたいな)という仕事もある。

直美さんはここ数年、日本でMCの仕事もするようになって、それもいいけれど、やはり表現したいという思いが強いそうです。

現在33歳の直美さん。

35歳までにアメリカでの基盤を固め、40歳までには主演のコメディー映画で賞を獲りたい、とはっきり言っていました。

子どもの頃の夢

直美さんは小学校6年の時に、夢を紙に書いていたそうです。

・芸人になって吉本に入る

・笑っていいともに出る

・ファッションの仕事をする

・コント番組に出る

・貯めたお金でアメリカに行く

ここまでは決めた通りの道を歩んできたけれど、この先はどうなっていくのか、「不安です、今」と言っていました。

林先生は、「どうにでも決められるじゃないですか」と励ましていました。

**********

やりたいことは絶対にやらないと気が済まない、という直美さん。

「自分がやりたいと思った夢は必ず叶う」と思っているそうです。

そのためには、一緒についてきてくれるチームがいるのは大事だそうです。

ぜひ、アメリカで成功してもらいたいですね。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です