意外と質素?年収3000~5000万円世帯

年収が3000万とか4000万とか、高額所得者と呼ばれる人達はどんな生活を送っているのでしょう。

自分に関係ないものの、ちょっと覗いてみたい気がします。

Yahoo!ニュースにあった記事を読んでみました。

世帯年収3000万円の女性「服もユニクロ、車はコンパクトカー。普通の家庭と大して変わらないです」

世帯年収3000万~4000万

静岡県に住む、個人事業主の40代女性の世帯収入は3000万円。

さぞかし贅沢な生活を送っているのではと想像するところですが、普通の家庭と大して変わらないそうです。

違いと言えば、

「スーパーで値札を見ずに買い物する、子供の教育にはお金を掛けられるという程度。

服もユニクロ、車はコンパクトカー」

なのだそうです。

へ?と拍子抜けしそうです。

もう一つの例を見てみましょう。

東京都の40代女性(IT・通信企業の正社員)は夫婦ともに外資系企業勤務です。

夫が1800万、女性が2100万の、世帯収入4000万円。

小学生の子どもが一人いて、資産は9000万円程度。

これだけ稼いでいても、特に贅沢している自覚はなく、外食はファミレスやラーメン屋に週一行くくらいだというのです。

そして、「高所得のサラリーマンにさらなる増税が予想されるので、なるべく無駄使いはせずに老後のために貯蓄したい」そうです。

気を抜かないように頑張らねば、というような気持ちを感じます。

この二人の女性は40代ということなので、子どもさんの教育費がかかるのはこれからでしょう。

そのため、浪費しないようにと堅実な生活ぶりになっているのかもしれません。

世帯年収5000万円

では、世帯年収が高く、かつ子どもが独立した家庭ではどうなのでしょう。

東京都に住む個人事業主の50代女性の世帯年収は5000万円。

自宅はキャッシュで購入したものの、税金・保険料などで半分近く出ていくことが不満だそうです。

こちらの家庭も、ごく普通の暮らしぶりだとか。

「子どもは社会人ですが分にあった生活をしてもらいたいので」世帯収入は内緒にしているそうです。

「使う暇がなく、なかなか旅行もいけません。不動産投資も子どもの金銭感覚を狂わせそうなのでしていません」

やはり、稼いでいる方はお金を使う暇もないほど忙しいのでしょう。

そして、お金がすでにあると、もっと稼ごうではなく子どもの金銭感覚を心配するようになるのですね。

持っている人には持っている人の気苦労があるということでしょうか。

**********

年収3000万円を超える家庭でも、普通の暮らしぶりなのには驚きでした。

これだけの年収があっても、簡単には生活レベルを上げようとしないのはすごいですが、言い換えれば、そんなふうに計画的に物事を考えられる人だからこそ年収が高いのかもしれませんね。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です