介護保険の認定結果が届く

夫が退院した後のために介護保険を申請していました。

40歳以上で、指定されている特定疾病で支援が必要ならば申請できるそうです。

認定結果が続き、

「要介護4」

でした。

けっこう重いですね。

亡くなった義母は足元ヨタヨタで庭にも出られませんでしたが、「要介護1」でした。

それに比べると、夫の状態はこんなにひどいのかと複雑な気持ちです。

でもこれで自宅のトイレやお風呂に手すりが付けられるのでありがたいです。

確かに歩けるようになったとはいえ、普段の移動はまだ車椅子。

おそらく歩き方がまだ不安定なので、看護師さんたちからOKが出ていないのかなと思います(療法士の先生たちはガンガン歩かせるようですが)。

「自分のことは何不自由なく自分でできる」という状態で自宅に戻れることはないと、私も覚悟を決めなくては。

何を言っているのかって感じですが、夫はこれでも療法士の先生たちも驚くほど回復が早いらしいのですよ。

退院までの間に、もっともっと回復してくれないかなと祈る思いです。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です