今年の締めは追突事故

コロナで始まった2020年。

あんまりいい年じゃなかったなーという印象です。

1年たっても感染は収束の兆しさえみせていません(AIだったかがすごい数字を出しましたね)。

医療従事者の方々は疲労困憊されているだろうし、経済的に苦境に陥っている人も多いはずで、この先への不安も募ります。

我が家だけで見ると、子どもも無事独立したし、ケガや病気もせずに健康で暮らせたし、決して悪い1年ではありませんでした。

と思っていたら。

追突される

先日、夫と二人で車に乗っていました。

道路が渋滞中でウチの車は停まっていたそのとき、後ろからすごい衝撃が!

おかま掘られました(泣)。

渋滞中だったので後ろの車もスピード出ていなかったのが幸いして、私たちにケガはなし。

でも、そんなぶつかり方なのに、すごく体が揺れました。

スピードの出た状態でぶつかられたことを想像すると怖かったです。

ぶつかった車から降りてきた人を見ると、丸坊主の強面の男の人で、一瞬ぎょっとしました。

でもとても腰の低い、丁寧な物腰の人でホッ。

どうやら足元に何か落として拾おうとしていたらしいです。

相手の人が保険屋さんに連絡したり警察を待ったりする間、夫は寒い外にいたので風邪っぽくなってしまいました(私は車内)。

予定をキャンセルされる

数日後に娘のところへ行く予定があったので、帰りにディーラーに寄って車を見てもらいました。

修理は必要ですが、運転するのは大丈夫とのことだったので、そのまま娘のところへ行こうと話していました。

その夜、娘に行くことを確認すると、まさかの予定を入れていました。

こういうとき、自分の予定を絶対に変えようとしない娘なので、ちゃんと言っておいたのにと思いつつも諦めることに(親の優先度はとっても低い)。

夫の落胆ぶりが半端なかったです。

追突された挙句、楽しみにしていた娘にも会えなくなって。

私は途中一度会っていますが、夫はもう5カ月ほど顔を見ていません。

そりゃ寂しいでしょう。

**********

年末になって追突なんてと思いましたが、ケガがなかったのでよしとします。

やはり年末は何かと気ぜわしく、注意散漫になるのかもしれません。

みなさまも、どうぞお気を付けください。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です