息子の滞在が長くていろいろ支障が

暮れに帰省した息子は、今も家にいます。

仕事は5日に始まっているのですが、5~8日まで実家でリモートワークをして、3連休の最終日に戻る予定らしい。

けっこう長いことおるやん……。

ルーティンできない

家族が一人増えて私のリズムが狂ったせいで、今までできていた朝のルーティンが崩壊しました。

スクワットなんていつからできていないだろう?

首の筋肉を鍛えるのに始めたシャキアも、やらなくなりました。

5分間瞑想もモーニングページもできていません。

掃除も適当(あ、これは前から)。

もちろん息子が邪魔するからできないわけではなく、私の気分が落ち着かなくてできないというだけのことです。

息子がいようがどうしようが、今まで通りに続ければいいのはわかっているのですが。

去年の暮れから中断したルーティンを再開するには、息子が勤務地に戻ってからになるのかな。

昼ご飯

ルーティンができないことの他にも、いざ息子のリモートワークが始まるといろいろ面倒なことが。

一番面倒くさいのがお昼ご飯です(息子が帰省するたび毎回言っている気がする。どんだけ料理したくないんだか)。

いちおう家で仕事している息子にカップ麺というわけにもいかないし、と思って余計にしんどくなったりしています。

リビングが

リビングにある家のパソコンとつないでモニターとして使うと言い出しました。

それはいいんですが、仕事の資料などが散乱して落ち着かない。

そして光熱費が増える。

私一人なら日中はコタツだけでしのげるのですが、パソコン作業していると足元が冷えるだろうから灯油ファンヒーターつけています。

この冬寒いですよね。

灯油の減りが早い……。

お茶のタイミング

お茶でも飲もうということになっても、そのタイミング、コーヒーにするか紅茶にするかもうまく合わないのです。

どうしても仕事をしている息子に合わせることになって、すごく小さいけれどストレスとしか呼べないものがたまる気がします。

仕事している横でテレビつけたりするのも遠慮してしまいます。

長年二人で過ごしているなら、こっちもそれなりに慣れるのでしょうけれど。

少しの間だけだと思って我慢するしかないですね。

***********

なんだかんだ文句言っていますが、遠くに暮らす息子と一緒に過ごせるのは貴重な時間。

面倒なことばかりに目を向けず、ときにはおもしろい話をしてくれることを楽しもうと思います(と自分に言って聞かせる)。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です