レジ袋の代わりに新聞紙を使う

レジ袋が有料になったせいか、近くのスーパーや百均ではレジ袋くらいの大きさで取っ手付きのゴミ袋が棚から消えました。

取っ手のないゴミ袋は並んでいますし、取っ手付きでも大きめの袋はあります。

生ゴミをベランダに置いたゴミ箱に入れるときに使っていたので、どうしようかなと思案中。

この際なので新聞紙で代用しようかと思います。

生ゴミの保管

毎日の生ゴミはビニール袋に入れて口を縛り、それを小さめのレジ袋に入れてベランダに置いたゴミ箱に入れて、次のゴミの日まで保管していました。

真夏でも臭いは漏れません(蓋を開けると臭いますが)。

ゴミの日には袋ごとゴミ箱から出して、他のゴミと一緒の袋に入れて出します。

つまり生ゴミは、ビニール袋、レジ袋、ゴミ袋と3重にして捨てていたわけです。

ここまでしていたのは、生ゴミから汁が出ないか心配だったので。

でも今は、レジ袋に代わるゴミ袋が手に入らない状態(ここら辺りだけかな?)

この機会に、すぐに溜まる新聞紙で代用しようと思いました。

新聞紙をゴミ袋に

YouTubeには、新聞紙をゴミ袋にする折りたたみ方がいろいろ上がっています。

いくつか見てみたのですが、作るの面倒くさそう……。

どうせ、3~4日間ゴミ箱の中に入れておいて、そのあと捨ててしまう物なので、作るのに手間がかかると続かなくなってしまいます。

ということで、適当に作ってみました。

雑だな。性格出ますね。

中はこんな感じ。

見た目はどうでもいいのですが、丈夫かな?

3~4日分の生ごみをここに入れ、持ち上げた瞬間に底が抜けそうな予感がしますが。

とにかく一度、使ってみます。

底が抜けたら、もう少しガムテープをしっかり貼るとか、考えましょう。

生ごみを新聞紙で包む

今思いついたのですが、1日分の生ごみをビニール袋に入れた後、適当な大きさに切った新聞紙でくるんでゴミ箱に入れておけばいいんじゃないでしょうか。

もしビニール袋から汁が漏れても少しなら新聞紙が吸ってくれるでしょうし、包んだ端っこを挟み込めば解けることもないでしょうし。

あ、これだと順序が逆ですね。

生ゴミの水けをしっかり切って、できるなら乾かして、新聞紙にくるんでからビニール袋へ入れる。

そのままベランダのごみ箱に入れれば、プラスチックの袋を1枚減らすことができます。

できるかな?

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です