CMに踊らされないためには反論が効く

去年、低迷していたケンタッキーフライドチキンの売り上げがV字回復した理由の一つに、高畑充希のCMがあると言われているそうです。

「今日、ケンタッキーにしない?」という、あれです。

あのCMを見て、「うん、今日ケンタッキーにしよう」と思った人が多かったということなのですね。

テレビCMの力は大きい。

CMに反論

ケンタッキーが食べたくて買うなら問題ありません。

ただ、「揚げ物はひかえよう」「できるだけ家で調理したものを食べよう」と思っているときに、CMを見たことでつい買ってしまったとしたら。

食べたあとで後悔するかもしれないし、ヤケになって自分で決めた事を破ってしまうかもしれません。

何を食べたり飲んだりするかはCMではなく自分で決めたい。

そう思うなら、CMに対して反論することをお勧めします。

心で呟く

CMで「好き」とか「うまい~」「おいしい!」とか「いい」とかの言葉が流れてきたら、

「え~ほんとかな~」

「私はあんまり好きじゃない」

「また今度にしよう」

と言ってみるのです。

声に出さなくても心の中でつぶやくだけで大丈夫。

そうすることで、なんとなく買ってしまうことはなくなると思います。

このせいで、CMの商品が嫌いになったり、二度と買いたくない気分になったりすることはありません(そんなに効力ありません)。

ちなみに私は、高畑充希が「今日、ケンタッキーにしない?」と言うたびに、

「いや、せえへんよ」「するかいな」などと思っていました。

高畑充希が嫌いなわけではないですし、ケンタッキーは好きです。

でもなんとなく、CMであれ買えこれ買えと言われるのが嫌なので、ついつい逆らってしまうのです。

でも自分で気が付いていないだけで、CMなどの広告に影響されている部分はたくさんあると思いますが。

自衛するしかない

CMによく出るタレントさんは、見る人の購買意欲を掻き立てる力を持っているのでしょう。

企業は商品を売るのが仕事なので、そういうタレントさんを起用するのは無理からぬことです。

企業がおすすめする商品は世間に溢れていますので、それらを買いたくなかったら(自分で決めたかったら)自衛するしかないです。

CMに対してこんな考え方をしているのは家族の中で私だけです。

なので、高畑充希のケンタッキーのCMが流れていたころは、夫と息子は普通にCM見て「ケンタッキー買おか?」と言っていました(笑)。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です