子どもが巣立った後どうすごすか

以前に読んだブログで、私と同じように子どもが巣立って夫婦二人になった主婦の人が、なかなか辛い胸の内を吐露していました。

ご夫婦仲があまりよくないらしく、先の予定もやりたいこともなく、老いることの不安だけはあって、まるで虚無の中にいるようだと書かれていて胸を突かれました。

その人と同じ環境にいるわけではないですが、気持ちは理解できるような気がします。

何をするか

寿命が50年程度だった時代は、こんな悩みを抱えることはなかったのでしょう。

子育てが終わったらもう寿命が尽きるころだったのですから。

でも今は100年時代。

子育てはやり終えた感があるのに、人生はまだまだ続きます。

お金のことも健康も留意しないといけないけれど、「何をするか」というのも大きな問題になります。

主婦は家のことをしていれば、なんとなく1日は過ぎていくのが曲者です。

何もしないままに年月が経つということもあり得ます。

家のことをするのが好きで、充実していると本人が感じているならそれでいいのですが、「何もしていない」と感じるなら何かしないと埋められないわけです。

先のブログ主さんは、毎日忙しいと書いていました。

やることがたくさんあって忙しいのと、この暮らしでいいと満足できるのとは違うのですね。

やりたいことをする

自分に照らして考えてみると、やっぱり「やりたいことをする」に尽きるのではないかと思います。

でもこの「やりたいこと」が見つかりにくかったりします。

若いころにやっていたことをもう一回始めたり、子どものときにやりたかったことを習ってみたり。

人が夢中になっていることでも、自分が好きになれるかどうかわからないところが難しい。

やってみないと、向いているか、好きになれるかどうかはわかりません。

順調にはいかない

私は昔からインドア派で、今でも引きこもり生活をしているので、この年から新しいことを始めるなら、外でできることか、運動系、または人と一緒にできる事がいいのではないかと考えていました。

ところが始めたのはプログラミング。

見事に条件すべてから外れています。

ちょっと残念ですが、やっぱり自分は一人でできて、家の中でできて、パソコンに向き合うようなことが好きなんだと改めて思いました。

しかし今のところ、好きで始めたプログラミングも些細なことでつまずいたりして、なかなか順調にはいっていません。

独学なので仕方ないとはいえ、趣味と呼べるところまで続けられるかまったくわからず(弱気)。

でも、もしかしたら失敗に終わるかもしれない試みでも、自分への刺激にはなります。

あのブログ主さんも、何かしら楽しめることを見つけられたらいいのですが。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です