やっとわかった!「魔女の宅急便」のセリフ

娘はジブリ大好きだったので、一緒に今まで数えきれないほど繰り返し見てきました。

いろんな作品を見た中で、セリフがどうしても聞き取れないものがありました。

「魔女の宅急便」の、キキが修行のために家を出るとき、友達が言うセリフです。

〇〇あるでしょ?

それは、これから旅立つキキを見送りに来た友人達との会話のシーンでのこと。

一人暮らしを始めるキキに友人たちが「いいなあ」と羨望の声を上げます。

キキの「私、修行に行くのよ」(ほかにも会話していましたが覚えていません)に対して友人の一人が言った言葉で、

「でも、〇〇あるでしょ?」

何があると言っているのか、何度聞いても聞き取れません。

ディスコとも聞こえるし、リスクとも聞こえます。

ディスコだと13歳の田舎の女の子達が話すにしてはちょっと違う気がするし、リスクなら、そのあとみんなで笑うのはおかしいし。

正解は「ディスコ」

調べてみると、いろんな人が聞き取れないようですね(笑)。

私と同じようにディスコと言っている人も、リスクと言っている人もいます。

結論から言うと、「ディスコ」らしいです。

字幕で確認した人がいるそうで、間違いないですね。

若い人にとっては知らない言葉でしょうから、余計にわからなかったのかもしれません。

娘も「ディスコって何?」と言っていました。

13歳の女の子が、いつか行ってみたい場所として口にして、みんなで笑っていたのかもしれませんね。

主題歌にも

この映画で、もう一つ聞き取れないところがありました。

セリフではなく、主題歌として使われた、ユーミンの「ルージュの伝言」です。

曲の途中、「不安な気持ちを残したまま 街は〇〇遠ざかっていくわ」の、〇〇の部分が何回聞いてもわかりませんでした。

これは、歌詞を見る機会があったので、もうわかっています。

「ding-dong」

と言っているそうです。そりゃ聞き取れんわ。

このding-dong(ディンドン)は鐘の音をあらわす言葉だそうで、日本語の「キンコン」みたいなものとか。

キキの友達のセリフが聞き取れないので、原作を読めばわかるのかなと思いながらしませんでしたが、もっと早くネットで検索すればよかったですね。

たいていのことはインターネットでわかります。

便利な世の中です。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です