年賀状に思うこと

今年、受け取った年賀状がとても少なかったのです。

あれ?と思ったのですが、そういえば去年は義母の喪中だったために年賀状を出さなかったのでした(喪中はがきは出しました)。

去年は喪中だったけど

ということは、私に年賀状をくれる人は、去年の年賀状を見て、出す人を決めているということですね。まあ私もそうしています。

でも、わらびは喪中だったので去年の年賀状はないけれど今年からはまたくれるだろう、と考えた人が少なかったということですね。

なんか寂しい……。

でもまあ、年賀状だけの付き合いになった人がほとんどですから、無理ないのかもしれません。

そのうち届かなくなるかも

もう年賀状なんか書かなくてもいいかな、と毎年思います。

面倒くさい、という気持ちが先に立つのです。

ひとこと書き添えるだけで、詳しい近況を書くわけでもありません。

それは私だけでなく、くれる人もそうなのですが、そのひとことを読むのが楽しかったりもして、なかなか思い切って年賀状を止めてしまうことができません。

でも、今年の年賀状状況を見ていると、自分から働きかけなくてもそのうち段々減ってきて、そう遠くない将来に年賀状が来なくなることもあるのではと思ってしまいました。

だらだら続く

受け取った年賀状が少なかった今年、何枚かは遅くなってから返ってくると思うのですが、結局来ない人もいるでしょう。

そうか、この人とはもう年賀状のやり取りは終わったんだな。

と私は思って、来年の年賀状は出さないと思うのです。

そしたら、その人は来年の年賀状をくれるのですよね、私の年賀状は先方に届いているので。

で、受け取った私は慌てて出す、と。

そうやって、だらだら続く人も中にはいそう。

確認くらい

それと、出した人から来ているかどうかを確認しない人がいます。

もう何年も私からは出していない人がいるのですが、その人からは毎年来るのです。

手書きの文章は何もなく、印刷しただけの年賀状です。

相手から来ているかどうかさえ確認せずに、どうして出すんだろう?

単に住所録通りに印刷して出しているのでしょうか。

***********

毎年年賀状を出す、受け取るときにあれこれ思うことはあるのですが、すぐに忘れてしまいます。

1年に1回だけのことなので。

熱意はないものの、これからもだらだら続けるような気もします。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です