夫と飲みに行く

息子が一泊旅行中の夜、夫と飲みに行ってきました。

子ども達が大きくなってから家族四人で居酒屋に行ったり、子ども達のいない時は夫婦で外食することも増えてきました。

外食すると食事の用意をしないで済むのでありがたいのですが、あまり度重なると家計を圧迫してしまいます。

が、せっかくなので節約のことばかり考えずに楽しもうと出かけました。

行ったお店は

今回は梅田ルクアの「なかの家」というお店。

私は本当に食い意地が張っているせいか、料理を出されると食べることばかりに気が行って写真のことを完全に忘れてしまいます。

今回も食べることしか頭になく、写真はありません(恥)。

頼んだものはお刺身5種盛り、タコのから揚げ、生ハム、ホタテとエビとアスパラのサラダ、最後に鯛茶漬け。

お酒は二人ともビール中ジョッキ、あとで夫は日本酒を頼んでいました。

これでお腹パンパンで苦しいくらいでした。

私も夫もそんな大食いのほうではありませんが、食べる量は普通だと思っていました。

ちょっと食べる量が減ってきているのかな。年のせい?

値段は8300円ほど。1万円越さなくてホッ。

それより店に入ってから出るまで1時間足らずという早さ。

別に急いでいるわけではないのですが、夫婦ですので積もる話なんかはないですからね。

毎日しゃべっていますので、どうしても飲み食いのほうに意識が行って早くなってしまうのでしょう。

店から出ると、他の店の前で順番待ちの人がいっぱい。

年末が近いせいなのか、いつもこうなのか、普段来ない私にはわかりません。

私たちは夫が予約しておいてくれたので、すんなり入れてよかったです。

御堂筋イルミネーション

お店を出た後は御堂筋をブラブラ。

「大阪光の饗宴」ということで、あちこちライトアップされてきれいでした。

大阪市役所でミニコンサートを聞いたり、中央公会堂でプロジェクションマッピングを見たり。

結局、梅田から難波まで歩きましたが、イルミネーションがきれいなので飽きず、お腹いっぱいなのが多少こなれて楽しかったです。

子どもが大きくなってこんなこともできるようになったという感慨とともに、家と近所のスーパーの往復ばっかりしていてはアカンなとも思いました。

久しぶりに梅田に来ると、人の多さ、特に若い人が多いことに気づきます。

やっぱり人がたくさんいて、若い人が多いからこそ街も活気が出るんですね。

そして、いつも日本の将来が心配になってしまうのですが、それは置いておいて、とりあえずまた大阪で遊ぼうと思います。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です