最近はまっている「野菜生活」

暑くなって喉がよく渇くようになって、はまっているものがあります。

カゴメの「野菜生活」です。

清涼飲料水は甘いせいか、飲んだ後でかえって喉が渇くことがありますが、これは後味すっきりなところが気に入っています。

お風呂上りなど、喉が渇いたときに飲めるものを探して、200mlの紙パック入りアップルサラダを買ったのが最初です。

癖になって次々と

それから、マンゴーサラダ、シークワーサーミックス、ベリーサラダ、プラムミックスと次々買って、どれもおいしかったです。

日田梨ミックスはちょうど帰省した息子に飲まれてしまいました。

200mlは自分には一度に飲むには量が多いと感じたので、今は1000ml入りを買い、コップに入れて飲んでいます。

栄養は

栄養を期待して飲んでいるわけではないのですが、中身も気になりますね。

カゴメの「野菜生活」は砂糖不使用・甘味料不使用・食塩不使用です。

1日に必要な野菜は、厚労省によると350g。

「野菜生活」200ml一本で、一食分に必要な野菜120gの野菜を使用しているそうです。

商品パッケージには「原料野菜の全成分を含むものではありませんが不足しがちな野菜を補うためにお役立てください」とあります。

補うことができるのでしょうか?

私は頭が古いのか、野菜ジュースが野菜の代わりになるわけないだろうと思ってしまう人間です。

一人暮らしをする娘が友人に、「最近、野菜不足で」と言うと、「野菜ジュース飲めばいいやん」と言われたそうです。

今はそんな感覚なんでしょうか。

カロリーは

カロリーはどうなのでしょう。

「野菜ジュースのカロリーは意外に高い~高いよ。びっくらいこいた、びっくらこいた~♪」

っていうCMソング、ありませんでしたか。あれ、なんの商品だったんだろう?

今、家にある「野菜生活」のマンゴーサラダで見ると、200mlで77kcalです。

高いのかどうかわからないので、他のものと比較してみます。

コカ・コーラ200mlで90kcal、三ツ矢サイダー200mlで84kcal。

そして「野菜生活」は砂糖が入っていませんので、炭酸飲料に比べれば健康にはよさそうです(非常にざっくり)。

でも、お茶や水代わりにグビグビ飲むものでもないのでは。

この夏は夫婦二人になったことで、麦茶を作るのを止めました。

水だし緑茶を入れて、ちょこちょこ飲むようにしています。

それでも冷たいものを飲みたくなることがあって、そんなときに「野菜生活」は重宝します。

お風呂上りにもチューハイ飲むより(一時期毎日飲んでいましたので)、ずっと健康的だと自画自賛。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です