服を買いに行って感じた接客の難しさ

先日、服を買いに行きました。

欲しかったのは七分袖のシャツ。

ここ数年、真夏でも冷房が寒くて半袖が着られなくなっています。

外を歩いているときは暑いので、せめて七分をと思って。

青以外が欲しいのに

お店(デパートの中のお店)に入ると、七分袖(八分くらいかも)のシャツが目に留まりました。

ただ紺色だったのです。

私は青系が好きなので服も青が多く、コーディネートに困るくらい。

できれば青以外の服が欲しいと思っていました。

理由はわかりませんが、お店の人はその紺色のシャツを押してきました。

売ってしまいたかったのでしょうか。

それとも、押せば買う雰囲気でもあったのかな。

もっとゆっくり

結局、他にも見たのですが、これと言ったのがなくて、「さっきのを頂こうかな」とつぶやきました。

この時、私は独り言のつもりだったのです。

他には気に入ったのがなさそうだとわかっていて、もうちょっと見てから「やっぱりこれ(紺)にします」とちゃんと言うつもりでした。

ところが、そう言う前に、お店の人は紺のシャツをハンガーから外してお会計する準備をしていたのです。

ちょ、ちょっと待って。ちょっと早い。

その店員さんが強引だったとか、感じが悪かったとかいうことはないんです。

ただちょっと、私よりも少し、前のめりになっていたというか。

買って欲しい気持ちが、隠しきれていなかったというか。

コロナでお客さんが減っているのかな。

売上が足りなくて困っていたのかな。

そういえば、私がお店に入るなり、駆け寄る勢いでそばに来られて、ちょっとびっくりしたな。

なんて、いろいろ思いました。

気持ちのズレ

シャツが欲しくてシャツを買ったのですが、お店にはほかにもいろんな服が置いてありました。

買う気がなくても、こんなのもありますよ、ともっと見せて欲しかった。

お会計を待っている間に、気が付いた商品もあったのです(それが欲しかったわけではないけど)。

買った服が不満なわけではないけれど、なんだか急かされて買わされたような、モヤモヤしたものが残っています。

お店の人が買って欲しいのは当たり前で、お客のほうも、気に入れば買う気で来ている(そうでない場合もありますが)のに、ちょっとしたことでお互いの気持ちがズレてしまう。

このモヤモヤは何が原因なのか、自分でもよくわからないのです。

自分で決める前に先回りされた感じがするから?

接客って難しいですね。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です