バーゲンが苦手なのはいいのか残念なのか 

バーゲンが苦手です。

〇%OFF!という赤い文字が躍っている店に入っても、たいてい何も買えません。

お財布にとってはいいことかもしれませんが、「欲しかったものをお値打ち価格で買う」ということがいつもできません。

残念。

失敗したくない気持ちが強い

私はおしゃれではないので、普段はあまり服のことを考えていません。

ですので、店に入ったときも、どういうアイテムを買い足せばいいか、手持ちの何が古くなってきているかということが、すぐに頭に思い浮かばないのです。

頭まっ白状態です。

かつ、買い物に失敗してお金を無駄にしたくないという気持ちが強いらしく、失敗するくらいなら古い服を着ているほうがマシと考えてしまうようです。

服を見る目がない

バーゲンで売られている服は、バーゲン用に作られた服(初めから安い値段で売るために作られている)だと聞いたことがあります。

普段から、そのお店に入って服を眺めていれば「これはいつも売られている服」「これはバーゲン用だ」とわかるのでしょうが、それがわかりません。

いいものが安くなっているのか、安物を売っているのか。

今までに買い物をしたことがないお店で服を見て、服の生地や縫製からその値打ちが分かるような目を持っていないのです。

人ごみが苦手

単純に人のたくさんいるところが苦手です。

特にバーゲンではみなさん真剣というか、若干殺気立っている人もいたりして。

身体やバッグがぶつかったりするだけで気力をそがれるときも。

勝負ごとには向いていないとしみじみ思います。

計画性のなさ

おそらく、服についての計画性がないのがバーゲン弱者の理由のように思います。

必要な服、欲しい服、手持ちの服を、もっとしっかり把握するべきなのでしょうね。

少ない服で着回ししている人は、計画性もあり、自分に何が必要で何が似合うのか、ちゃんとわかっている様子。

すごいなあと感心します。

バーゲンで買えないのは得か損か

買って失敗するなら買わない方が得だけど、いいものや欲しいものを定価でしか買えないとは損です。

得か損かは人によりますね。

私はどっちだろう?

私はいいものを選ぶ目を持っている自信がないので、買わないで正解だと思っているのです。

バーゲンが苦手なんて、ちょっと悔しいですけど。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です