悪口が良くないのは潜在意識には主語がないから

人の悪口は言わないほうがいいと言われます。

聞かされる方は嫌ですもんね。

もう止めてくれと言いたくもなります。

聞く方は辛いけど、悪口言っている人はストレス解消できるからいいのかというと、まったくそうではないようです。

潜在意識の特徴は

私たちが普段思ったことや言ったことはすべて、潜在意識に届いています。

そして、この潜在意識は主語を解さないと言われています。

すべて言葉を発した当事者(悪口を言っている人)のこととして読み取ってしまいます。

つまり、いつも悪口を言っていると、それが他人に対するものだったとしても自分に言っているのと同じことになるのです。

そして、潜在意識に浸み込んだ思考は現実になると言います。

ということは、悪口の内容が現実化してしまうのですね。怖。

同じく愚痴や失敗談、苦労話もしないに越したことはありません。

自分の口から出るこれらの話が、新たな失敗や苦労のもとを作り出すからです。

ですから、普段なにげなく発する口癖や、頭の中で考えている内容については注意したほうがいいのです。

褒めるが勝ち?

逆に、人を褒めていると、褒められた人ではなく、褒めた人のほうが良くなっていくという現象も起こるとか。

褒められた方も、その褒め言葉を本気にしたときはご利益があるのですが、ご利益の割合は褒めた人7割、褒められた人3割だとか。

どんどん人を褒めた方がいいのです。

買い物でも

買い物にしても、同じことが言えるそうです。

「何でもいいからこれにしておく」「ロクなものがないけど、これにしよう」と否定的な言葉で選択していると、次第にすべてがレベルダウンしていきます。

これは選択した内容ではなく、否定的な言葉を使ったことによって、言葉通りの未来を導いてしまうからです。

耳が痛い。

私、こういう言葉を使って買い物していますね。気を付けよう。

何気ない言葉に注意

とは言え、テレビで芸能人のスキャンダルを流しているのを見ると、つい、

「あほちゃう」

なんて言ってしまいます。

でも、この言葉が自分に返ってくるのですから、調子に乗ってあまり強い言葉を使わないようにしたほうがいいようです。

普段自分が口にする言葉や思考に、もっと意識的にならなければ。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です