親切だと思ったらそういうことか

夫の実家に行って庭を見回っていたら、お隣のご主人(40代くらい?)に声をかけられました。

以前に少しだけ話したとき、空き家を管理していないと思われても嫌なので、夫が入院中であること(病名は言っていない)、私が週一程度で見に来ていることを話しました。

そのときは何か人手が必要な時は言ってくださいと言われ、親切な人だなと思ったことがあります。

今回も夫のことを聞いてくれたので、来月退院の予定ですと答えました。

すると、なんと家を貸してくれないかという申し出をされました。

在宅で仕事をしていて、子どもも大きくなってきて手狭になってきたそうで、仕事場を移すことを考えているそうです。

荷物もたくさんあるしと断りかけましたが、全然急いでいないし、話だけ聞いてもらったらいいとのこと。

夫が脳出血でそれどころじゃないと言おうとしたのですが、なんで2回しか口をきいたことのない人にそこまで説明しなきゃいけないのかという気になってしまい。

もう面倒くさくなって言うのをやめました。

私が断っても納得しないような雰囲気でしたし。

夫が退院してから、ちゃんと断ってもらったほうがいいだろうと思いました。

でもまあ、ろくに知りもしないのに親切なことを言ってくるのは、何かしらの狙いがあるということですね。

お隣さんは別に悪いことを企んでいるわけではありませんが、夫のことでバタバタしている私としては疲れる一件でした。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です