不安の一つが減塩

夫の退院後の生活にいろいろ不安を感じていますが、そのうちの一つが食事。

高血圧が原因で脳出血を起こしたので、血圧が上がらないように減塩しなくてはいけません。

病院では降圧剤のおかげで血圧は下がっていて、薬はこれからも飲むと思うのですが、塩分は減らさないといけないですよね。

そこで「運動を頑張らなくても血圧がみるみる下がる食べ方大全」という本を買ってきました。

日本高血圧学会では、食塩摂取量を「1日6g未満」とすることを推奨しているそうです。

つまり1食当たり2g。

本では、目分量での味付けをやめて、計量スプーンなどでしっかり量ることを勧めています。

減塩調味料の活用や、塩味をうまみや酸味に置き換えることなど、調理のヒントも書かれていますが、正直できる気がしない……。

いや、そんなこと言っていたら今までと何も変わらない塩分量になってしまう。

まずは鍋やフライパンに醤油を回しかけているとき、どのくらいの量を使っているのか測ってみようかな。

退院が近くなったらお医者さんと話す機会があると思うので、降圧剤を飲みながらどのていど減塩を心がければいいのか聞いてみます。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です