ほんの少しの変化でも嬉しい

夫は左側が麻痺しているので、なんとか歩けるようにはなりましたが左手は少し持ち上がる程度です。

昨日面会に行ったら、リハビリ中に左腕が上がったという話をしてくれました。

面会中にやってみせてくれたときは胸まででしたが、リハビリ中には口元まで上がったそうです。

手(腕)の動きは足に比べて複雑であるためか、なかなか動かなくてやきもきしていましたが、少しづつ、本当に少しづつ動くようになってきました。

まだ腕を自力で伸ばすことはできず(右手で引っ張れば伸びる)、曲げた状態で上げるだけですが、それだけでも大きな進歩です。

着替えの練習をしている動画を見せてもらったことがありますが、やはり腕一本で着替えるのは大変です。

ほんの少しでも左手が動かせたらなあと思うと同時に、退院後は手伝ってしまいそうという心配もあります。

手伝うといつまでたっても自分でできないのでよくないので、我慢しなくては。

しばらく変化がなかったので、もうこのくらいで退院かなという気持になっていましたが、諦めたらだめですね。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です