こんなにあるターシャとベニシアの共通点

アメリカ・バーモント州で広大な庭を作り上げた、今は亡きターシャ・チューダーさん。

京都・大原で暮らすベニシア・スタンリー・スミスさん。

この二人、似ていると思いませんか?

どちらもガーデナーとして有名だから、イメージが被るのは当たり前かもしれません。

でも、他にも共通点があるのです。

生い立ち

名家の出

ターシャ(1915年8月28日―2008年6月18日)はボストンの名家に生まれました。

父ウィリアム・スターリング・バージェスはヨットや飛行機の設計家・製造技師、母ロザモンド・チューダーは肖像画家。

曾祖父には、ニューイングランドの池の氷を切り出して世界各国に送る技術を開発して大金持ちになった人物がいます。

いっぽうベニシア(1950年12月27日生まれ)はイギリスの貴族の出身です。

父はシェークスピア劇俳優を目指していたデレク・スタンリー・スミス、母は第二代スカーズデール子爵リチャード・ナサニエル・カーゾンの三女ジュリアナ・カーゾン。

二人とも、こうした家柄に生まれながら、華やかな社交界や貴族の生活にはなじめなかったようです。

両親が離婚(親以外の人に育てられる)

ターシャは9歳のとき、ベニシアは2歳のときに両親が離婚していますが、それぞれ親以外の愛情豊かな人に育てられています。

ターシャは、画家の母が忙しいときは両親の友人のところに預けられました。

グウェンおばさんとマイケルおじさんの温かい家庭で、自由で楽しい時を過ごしたそうです。

ベニシアはフランス人乳母のディンディンに我が子同然に育てられます。

二人とも、グウェンおばさんや乳母のディンディンへの感謝の気持ちを表しています。

成人後

子どもは4人

ターシャには、長女ベサニー、長男セス、次男トーマス、次女エフナーと4人の子どもがいます。

ベニシアにも、最初の夫との間に長女サチア、次女ジュリー、長男・主慈、そして現在の夫との間に次男・悠仁と4人の子どもがいます。

離婚経験

ターシャは46歳で離婚。

ベニシアは最初に結婚した日本人男性と36歳で離婚、そののち41歳で現在の夫である梶山正氏と再婚しています。

本業を持っている

ガーデナーとしてのイメージが強い二人ですが、それぞれに本業があります。

ターシャは絵本作家や挿絵画家。

ベニシアは英会話講師を経て、英会話学校を経営していました。

40~50代になって移住

二人とも最初からバーモント州や京都の大原に住んでいたわけではありません。

ターシャが長年憧れていたバーモントに住み始めたのは57歳。

ベニシアが京都・大原に移住したのは46歳でした。

どこに住むかを決めるには、ある程度の時間とタイミングが必要なのかもしれません。

**********

こうしてみると、自然を愛すること以外にも、割と共通点が多いと思いませんか?

優しげな雰囲気と芯の強さということも、二人の共通点かもしれませんね。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です