義母が亡くなったとき不思議なことがあった

もうすぐ義母の一周忌です。

亡くなってからの1年はあっという間だった気もするけれど、まだ1年なのかという思いもあります。

一周忌だからか、義母を思い出すことがあります。

不思議なこと

お通夜の日、葬儀会社の人が家に来て準備してくれて、出棺を待っていたときのこと。

突然、夫のスマホが鳴り、見てみると発信者は私になっています。

私のスマホはバッグに入れて、部屋の隅に置いてありました。

私たちも、義弟夫婦も「え?」という顔になりました。

もしかして、何か入れ忘れてるのでは?

棺の中には義母の身の回りのものとか、孫が小さいときに描いた絵などを入れてありましたが、これから寒くなるから暖かい服など急いで入れました。

そしてお通夜が終わった日の明け方、寝ているとバサッと音がして、見るとかけてあった私の喪服が落ちています。

隣の夫の喪服は落ちていません。

服を掛けなおし、また布団に入ってから、義母はまだ何か言いたいことがあるのではないかと思いました。

これはちょっと真剣に思い出さないといけないと思っていると、以前、義母が夫と話していたことを思い出しました。

義母は、まだ義父が生きていたころに一緒に曼荼羅の絵を買いに行き、それを額に入れて飾ってあったのです。

私が死んだらあれを一緒に入れてな、と言っていたはず。

夫に言うと、「そんなこと言ってたか?」とまるで覚えていません。

でも、そうかもしれないということで、曼荼羅はちゃんと棺に入れることができました。

その後、何も起こらなかったので、義母の希望はやっぱり曼荼羅だったのかということになりました。

大きな音が

後で聞くと、お通夜の夜、実家に泊まった義弟夫婦が寝ようとしていた時、「どーん!」とすごい音がしたそうなのです。

その後何もなかったので、そのまま寝たそうです。

その音も義母だったのでしょうか。

義母は、あの手この手で曼荼羅のことを思い出させようとしていたのかも。

息子二人が気付いてくれなかったので、最後に私に言いに来たのかもしれません。

スマホを鳴らす、大きな音を出す、かけてある喪服を落とす。

いろいろできるんですね(早く気付いてあげろよって話ですが)。

今はもう何もない

私はそれほど記憶力がいいわけでもないので、今思うと曼荼羅を思い出せたのが不思議です。

何かを思い出そうという気持ちになったのは私ですが、あとは義母がやったことではないかな。

私には霊的な力は全くなくて、むしろ鈍いほど何も気が付きません。

でも、義母が亡くなったときに不思議なことが起こったことについては、別に怖いとも嫌だとも全然感じませんでした。

むしろ、なんとか気付いてあげられてよかった。

お葬式が終わってからは、義母の夢も見ないし、何かを感じることもありません。

ちょっと寂しい気もしますが、これでいいんですよね。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です