早くも息切れ

夫がリハビリ病院を退院して、そろそろ1か月になります。

え、まだ1か月? もっと経った気がする。

それほど頑張ったつもりはないけど、早くもちょっと息切れしているようです。

デイケアや訪問リハのない日に、夫の手を伸ばしたり足を鍛えるのも、ちょっと疲れてきたし。

あんまりおいしくない減塩料理を毎日作るのも、夫が塩分の高いものばかりを「食べたい」と言うのを聞くのも、しんどいなあと感じます。

夫が普段つけている装具を外すとなると、それに慣れるまで夫のあとをついて回らなくてはいけなくなります(転倒防止のため)。

一度、トイレも洗面所も一人で行けるようになったものを、またついて行かなくてはいけないのは面倒だなと思ってしまいます。

装具なしのほうが長い目で見たらラクになるはずなんですが。

訪問リハの先生に、

「先は長いです。植物に毎日水をあげたところで、すぐには木にならないのと同じです」

と言われました。

そうですよね。先は長い。

頭ではわかっているつもりでも、無意識のうちにすぐに結果が出ることを求めているのかもしれないです。

どうしたらもっと気楽に続けられるんだろう。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です