肌のきれいな56歳主婦にひろゆき氏が言ったこと

ひろゆきさんの動画を見ていたら、56歳女性の人が質問していました。

こんな口の悪い(失礼)人に質問するなんて勇気あるなーと思いましたが、それはさておき。

ただのおばさん?

若いころから肌はきれいな方だった56歳の主婦の人。

今でも高めのスキンケア商品を使っているそう。

これは単なる自己満足で、老後のためにはもう止めたほうがいいのかと迷っている様子。

「他人から見ると、やはりただのおばさんなのでしょうか?」

この問いかけに、ためらいもなく「はいそうです!」と即答するひろゆきさん。

スキンケアを頑張っているかどうかは10年前と比較すればわかるだろうけどそうではないので、おばさんはおばさんだし、美人は美人。

芸能系の人で色黒の人とかハワイに住んでいる人もいるけれど、近寄ってみたらそれほど肌はきれいではないかもしれないけれど、きれいな人として扱われている。

肌がどうこうっていうのをそこまで気にしてもしようがない。

(スキンケアを)頑張ったものに対する見返りがないんじゃないかと思う。

白髪を染めたことがないひろゆき氏は、若く見られたいという気持ちがよくわからないそうで、「なんかいいことあるの?」と言っていました。

若くて美人が最強

この動画見ててわかったことが二つ。

ひとつは、ひろゆき氏というか、たいていの男性がそうだと思いますが、女性の肌など細かいことは見ていなくて、パッと見てすぐわかる美人に惹かれるということ。

外見の良い人に惹かれるのは男性だけでなく女性も同じですよね。

美しい顔はシンメトリーになっていて、そういう顔や体を持つ人は病原体に強い、つまり免疫力が強いとされているとか。

パートナーとして免疫力の高い人を選ぼうとする、いわば本能だということです。

そしてもう一つ、ひろゆき氏は「若く見えることに意味があるのか?」と不思議がっています。

男性のことはどうでもいいので置いといて、男性から女性を見た場合を考えると、「実際には若くない女が若く見えても興味ない」ということだと思います。

つまり「若い女」にしか価値はないということですね。

これもまあ、若くなければ相手の子どもを産めないという点からすると、若い女を求めるのも仕方のないことです。

男性に質問しない

相談者さんは「肌がきれいなことは貴重です。56歳でも年齢関係なく魅力的ですよ」的なコメントが欲しかったのかもしれませんが、そんなこと言ってくれる男性っていないような気がします。

もしいたら、きっと何か売りつけようとしているのではないでしょうか。

私は、56歳で肌がきれいな人は羨ましいと思いますが、男と女は違うんでしょうねー。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です