簡単に免疫力を上げる方法

ワクチンの開発が待たれる新型コロナウイルス。

ワクチンも特効薬もない今できることは、免疫力を上げてウイルス感染しても負けないようにすることです。

その免疫力アップに効果があり、しかも簡単にできる方法があります。

それは入浴!

入浴の健康作用

「なんだ風呂か」と思ったかもしれませんが、入浴の健康作用については医学的に実証されているそうです。

・免疫機能のアップ 

・自律神経の調整

・血流改善

・基礎代謝や体内酵素の活性化

・精神的ストレスの軽減

などです。

温かいお湯に一定時間つかると、体内の免疫細胞が増加することが分かっているそうです。

お風呂すごい。

ただし、シャワーを浴びるだけではこれらの効果を得ることはできません。ちゃんと湯舟につかる必要があります。

正しい入浴法とは

  • お湯の温度は38~40℃

熱すぎるお湯は交感神経を刺激し、リラックスできなくなる。

  • 肩まで浸かる全身浴

しっかり全身浸かることでより温まり、水圧も高いために血液の巡りもよくなる。

  • 入浴時間は10分間

長すぎる入浴は熱中症や脱水症の危険性も。これから暑くなるので浸かりすぎない。

1回お風呂につかると、健康作用は2~3日は持続すると言われています。

できれば毎日入浴が望ましいところですが、それが無理なら3日に1回は湯船につかりたいものです。

より効果を高めるには

入浴剤やアロマオイルなどを使うと、より温熱効果やリラックス効果を得ることができます。

入浴するとどうしても皮脂や保湿成分が溶け出してしまうので、季節を問わず保湿を心掛けることは大事です。

保湿剤を塗るなら、入浴後10分以内を目安にしてください。

また、熱中症・脱水症予防のために水分補給も忘れずに。

入浴前後で500mlほど水分を取るのが理想的だとか。

水でもお茶でもスポーツドリンクでも構わないそうです。

我が家の場合

我が家は一年中、お風呂につかります。

真夏の暑いさなかでも湯船にお湯を張ります。

そんな生活なのに私は冷え性なので、毎日お風呂に入るだけで健康体になる!と太鼓判を押すところまではいきませんが、家族全員おおむね健康に過ごせているので効果はあるのかも。

確かに入浴は簡単で、家族全員で無理なく毎日続けられて、お金もかかりません。

免疫力を高めてコロナに負けないようにしたいですね。

※参考「文藝春秋」6月号 早坂信哉教授「毎日入浴で免疫力はアップする」

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です