箱入りみかんの保存方法

親戚からみかんを一箱、送っていただきました。

甘くておいしくて本当にありがたいのですが、10kgは多い。

子どもが小学生のころならすぐなくなっていたでしょう。お友達もしょうっちゅう遊びに来ていましたし。

でも今は大人3人の生活。そのうち夫は果物はほとんど食べません。

なんとかしないとすぐにカビさせてしまいます。

保存方法

みかんの保存法ですぐに思い浮かぶのが、「寒い場所に置く」ことですね。

玄関とか廊下など、冷え冷えとした風通しの良い場所が最適。

冬なら暖房の効いていない場所で常温保存できます。

そしてもう一つ気を付けなくてはいけないことがあるそうです。

それは「乾燥させないこと」。

そのためには、ヘタを下にして置くようにします。

箱に入れたまま保存するときは、いったん全部のみかんを取り出して傷んでいるもの、カビの生えているものがあれば除きます。

箱の底に新聞紙(キッチンペーパーでも)を敷き、ヘタを下にしたみかんを並べ、新聞紙をかぶせてまたみかんを並べます。

一番上のみかんの上にも新聞紙を被せ、箱のふたは開けておきます。

時どき、上下のみかんを入れ替えるといいそうです。

環境にもよりますが、だいたい10日~3週間程度は持つようです。

冷蔵しても

ビニール袋に入れ、ヘタを下にして野菜室で保存します。

しかし、多くのみかんを野菜室に入れてしまうと場所を塞ぐますよね。

肝心の野菜が入らなくなりそうなので、私はあまりやりたくありません……。

冷凍もできる

トレイに並べて一度凍らせてから取り出し、水に濡らしてからまた凍らせます。

みかんの表面を氷で覆うことで乾燥を防ぐのだそうです。

凍ったみかんは、自然解凍しても凍ったままでも食べられます。

食べきれない時は

料理の得意でない私が考え付くのは、せいぜいジュース、ゼリー、ジャム、サラダくらい。

クックパッドで検索すると、まあ出るわ出るわ。いろいろあります。

「みかん 消費」「みかん 大量消費」などでも出てくるので、いよいよ食べきれないとなったら何か作ってみるかも。

お菓子つくりは苦手なので料理に使ってみようかと。

その前に、夫と息子におやつとして毎日1個持たせようかな。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です