娘に断られてがっかり

ゴールデンウィークに息子が帰省する予定なので、3人で一人暮らしの娘のところへ行こうと思っていました。

ゴールデンウィークの予定としては、これが唯一の楽しみです。

あとは夫の実家へ行って片づけと庭の草むしりくらいしかありません。

来ないで

ところが娘からは、仕事が忙しいので来ないで欲しいとラインが来ました。

親が行きたがっているのがわかっていても、決して自分の意見を曲げない娘です。

親に気を遣うということはあまりなさそう(娘に言わせるとまた違うのでしょうが)。

そして一度断ると、どんなにこちらがいい条件を出しても首を縦には振りません。

こういうタイプ、こって牛なんて呼んだりしますよね……。

ということで、遊びに行くのはだめになりました。

娘と息子は仕事の休みが重ならないので、家族4人揃うことは滅多にないのです。

久しぶりの機会なので何かおいしいものでも食べに行けると楽しみにしていましたが、残念。

忙しいので仕方ない

残念ではありますが、娘の言い分もよくわかります。

仕事では気の遣うことや腹の立つこともあるでしょうし、普段以上に忙しいときに呑気な家族に来られたくない気持ちになるでしょうね。

仕事で気を遣って、家族にまで気を遣っていると気持ちの休まる時がなくなるでしょうから。

せっかくの休みに家族に付き合っていると、疲れも取れないのでしょう。

社会人としての自覚があるのだと考えれば、残念な気持ちもなくなる、かな?

夫の粘り

私はもう諦めていますが、夫はなかなかしつこいところがあるので、もう少し粘りそう。

今までも「○○してあげる」「○○買ってあげる」とかいろいろ言って、うんと言わそうとします。

自分では娘に言わず、私に伝えるように言うのです。

一応伝えますが、それで覆ったことは一度もありません(笑)。

よほど娘にとって来て欲しい理由がないとお許し出ませんので(車でないと買えないものが欲しいとか、重いものを運ぶとか)、今回はだめだろうなあ。

娘や息子の住んでいるところも我が家のある地域も緊急事態宣言は出ていませんが、結果として大人しく過ごすゴールデンウィークになりそうです。

気をつけるに越したことはありませんものね。でも残念。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です