夫の実家の庭がわけわからない状態

先日、夫の実家の庭で草むしりをしました。

ちょうど手首を痛めている最中。

突然の手首の痛み。心当たりはないのに

主に左手しか使えず、あんまりすっきりとはいきませんでした。

物置のそばが

狭い庭ですが、家を建てて30年が過ぎていますので、庭木もそれなりに育っています(木の剪定は夫任せ)。

家を背にして立ったとき、左手に物置が置いてあります。

たいてい右手のほうから草抜きを始めて左へ移動し、物置の近くでエネルギー切れ&時間切れとなります。

ですから物置のそばがいつもスッキリしないのです。

雑草が生えているだけでなく、これ勝手に生えてきたんじゃないかと思う木もあります。

植木鉢も以前、かなりの量を捨てましたが、まだいくつか残っています。

鉢に植えられた植物は跡形もなくなっていて、「どちら様?」と聞きたくなるような、草のような木のようなものが生えています。

庭のもともとの姿

考えてみれば、元の庭の姿を私は知らないのですよね。

若いときから何度も家には上がっていますが、庭に出たことってあったかな? というくらい記憶にないです。

どの木を植えて、どの木が勝手に生えてきたのか、夫もはっきりしたことはわからないようです。

それほど大きくはなっていない今のうちに切り倒さないと(もうハサミでは無理です)。

でもいつも、剪定と草むしりをするだけで手いっぱいで、それ以上のことができないでいます。

放置するとすごいことに

庭を放っておいてはいけないなと思うのは、実家の近所にすごい家があるのを見ているからです。

近くを車で通る時にチラッと見るだけなのですが、門扉や車庫に木が覆いかぶさって、森の中かというくらいになっています。

まあ他人が見てそう思うだけで、住んでいる人は緑の中で暮らせるのが気に入っているのかもしれません。

でも、虫も多いんじゃないかな。

それに台風が来たら、木が倒れないか心配じゃないんでしょうか。

自分の敷地内で倒れる分はいいですが、近所の家に迷惑かけるとも限りません。

失礼ながら廃屋のように見えますし、なによりあそこまで放置してしまうと、もうシロウトでは手に負えないのではないかと思います。

と、人様の家についてアレコレ言っていないで、もうちょっとすっきりさせないといけません。

義母は「目隠し」のために木を植えていたようで、隣との境のフェンス沿いや、物置の前に木が多いのです。

物置の前はモノの出し入れに邪魔だし、フェンス沿いは隣に枝が伸びていないか気になるし。

でも、木の剪定をするのは夫なので、切るも切らないも夫次第なのですが。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です