遺品整理で見つかったお金

夫の実家の遺品整理をしてきました。

義母が亡くなってから5回目です。

義母が生前、「押入れの中に300万円入っている」と言ったという話を書きました。

その記事はこちら→夫の実家にお金が眠っている?

今回、その押入れとは別の場所でお金を見つけました。

ただし300万もありませんでしたが。

タンスの引き出しから

今回まず取りかかったのは義母のタンス。

ハンガーにかかった服がずらりと並び、その下にもうずたかくセーター類が積まれて、間にはバッグもあります。

タンスの下には二段の引き出しがあって、こちらには下着類が入っていました。

服を片っ端からゴミ袋の中に詰めていきます。

そして引き出しにかかったとき。

下着の間から、いくつも封筒が出てきました。

引き出しには底に紙を敷いて使っていたようですが、敷いてある紙の下からも封筒が。

ビニール袋に入った500円玉もありました。

タンスの片づけが済んだところで封筒を確認したところ、大半が旧札で合計26万円ほどありました。

夫も私もニッコニコ。

義母のメモ

封筒には細かい数字が書いてあったので、生活費の残りや、何かのために取りのけておいたものを仕舞いこみ、忘れてしまったようです。

きっちりした人でしたが、高齢になると忘れてしまうものなのですね。

中に義母の字で書いたメモが一緒のものがありました。

「みんなでおすしをたべるおかね」

と書いてあります。

夫によると、義父のお金があちこちから10万近く出てきたので義母に渡したとき、「みんなで寿司でも食べるために置いておいたら」と言ったそうなのです。

それを忘れないように書いておいたのですね。

「何でもかんでも、すぐに忘れてしまうねん」

とよく言っていましたので。

力のなくなった義母の字を見ると、涙ぐみそうになりました。

押入れは少しだけ

いい気分で片づけを再開しましたが、例の300万の押入れにかかった途端、進まなくなりました。

押入れの上のほうに、洋服の箱が山積みになっていました。

中身は義父の服。

スーツやスボン、着物もありました。カッターシャツだけでも新品のものが20枚以上。

服はゴミ袋に突っ込めば済みますが、箱をつぶすのに手間と時間がかかってしまって疲れました。

宝探し

今回26万円がみつかったことで、私はもう300万はないと思いました。

ところが夫は反対に、可能性が出てきたと言うのですよ。

それにしても、いつも片づけはしんどいのですが、今回に限り宝探しのようで楽しかったです。

現ナマの威力はすごい(笑)。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です