最後の砦は「表情」なのでは

お正月に家族3人(息子が帰省中)で出かけたとき、コメダ珈琲に入りました。

そこで私と夫が話しているところを、向かいの席の息子がスマホで写真を撮りました。

その写真が、ちょっとショックで……。

説教中

写真はまるで、怒って険しい顔の私が夫を説教している図。

実際に話していたのは、年末から体調の思わしくない夫は少し気分がよくなるとすぐに出かけたがるので、そんなことしているとまた体の調子が悪くなるよ、と言っていただけです(まあ説教と言えるかも)。

これだけなのに、なんでこんなに険しい顔?

その上、夫婦そろってオシャレ感がないとか(ホントなので仕方ない)、あんまりお金持っているように見えないとか(これもホント)、いろいろ残念な感じを醸し出しているなとがっかりしてしまいました。

険しい顔

一番がっかり感の大きかったのは自分の顔。

夫に説教中だったせいか、険しいんですよ、目のあたりが。

コメダ珈琲にいる間中、こんな険しい顔をしていたわけではないのですが、いやそれでも、これはないだろうと。

これはいかん、何とかせねば、という気になりました。

表情くらいは

お金が潤沢に使えるなら、少しでも美しくなるためにいろんな方法があるのでしょう。

そうできない場合、自分の表情くらいはコントロールできないと。

険しい目や、口角の下がった口、不機嫌そうな表情なんて、どれほどきれいにメイクしても老けて見えるし魅力も半減してしまいます。

せめて穏やかな表情で、ほほえみを忘れずにいたい。

よく「かわいいおばあちゃんになりたい」なんて言いますが、あれは表情のことを言っているのではないでしょうか。

いつもニコニコと優しい顔をしている人。

そういう人になりたい(切実)。

性格のせい?

もう、外で夫に説教めいたことをいうのは止めにします。

口に出すとき険しい顔になる内容は、外出時に言うのは止めておこう。

言うときは家の中にしよう(言うんかい)。

自分がしゃべっているときの表情を写真に撮られたのはほぼ初めてだったのでショックが大きかったです。

それでなくても、年取ってきて外見についていろいろがっかりすることが多いのに。

でもこれがリアルなんでしょう。

「まずいな」と思うなら、何か手を打たないと。

もしかしたら、口が悪くて辛辣なことをしばしば言うという、この性格が悪いのかもしれません……。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です