近藤麻理恵「人生がときめく片づけの魔法」感想

あまりにも有名になった、こんまりさんの本です。

今まで私は、「ときめくか、ときめかないかで判断? 自分には合わなさそう」と思い込んで読まずにきました。

始めて読んだのですが、面白かったです。売れるのわかります。

作者はこんな人

こんまりさんご本人がまず個性的。

5歳のときから主婦向けの生活雑誌を読み、15歳から本格的に片づけについての研究を始めたそうです。

なんと長いキャリア!

そして、5年ほど巫女さんとしても仕事をされていたそうで、家や物に感謝するところにそんな経歴が表れている気がします。

こんまり流片づけ方

こんまりさんのすすめる片づけはいたってシンプルです。

・場所別・部屋別に片づけるのではなく、モノ別に片づける。

・一気に・短期に・完璧に片づける。

・まずは「捨てる」を終わらせる。それから収納場所を決める。

などです。

そして、捨てるかどうかを見極めるときは必ずモノに触り、ときめいたら残し、ときめかないモノは捨てる。

この「ときめき」だけは実際にやってみないとピンときませんが、やってみたいという気になります。

ドラマチックな変化

片づけを一気に・短期に・完璧にやり終えた人の人生は、ドラマチックに変化していくのだそうです。

自分という人間を知るには、片づけをするのが一番の近道だとか。

片づけをすることで、自分が本当にやりたいことが見つかったり、転職したり、何かしら仕事に対する意識が変わったりする人は多いそうです。

部屋着について

部屋着について、こんまりさんは、下はジャージをはいて、上はトレーナーを着て過ごすことは最悪だと言っています。

理由は、「ジャージをはいていると、自然とジャージが似合う女になっていく」から。

ドキッとしました。まさしく私はジャージ愛用者なのです。

確かにジャージはときめかないかもしれませんが、これほど動きやすくて洗濯しやすく乾きやすく、汚れが気にならない衣類もないと思うのですが。

でも、こんまりさんはこう断言します。

誰に見られるわけでもない、だからこそ、最高に自分がときめく部屋着に着替えて、自分のセルフイメージが高まるようにすべきだと思いませんか。

そうかもしれません……。

ジャージ、やめようかな。

・・・・・・

この本を読んでいると、すごく片づけたい気持ちになってきます。

特に服を全部出して、片っ端から「ときめくかどうか」を確かめたい。そんな気になります。

片づけへの熱量が感じられる本です。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です