歩き方を変えていく

リハビリ病院では、マヒしている足の膝を伸ばすこと(膝折れしないように)、良い方の足に体重をかけることをうるさく言われたそうです。

歩くときは、伸ばした足を外に回すように動かして(膝を曲げないのでそうしないと前に足を運べない)歩きます。

リハビリ病院では寝たきりにさせないため、とにかく早く歩けるようにするためにそう指導しているようです。

でも今後はマヒした足の膝を曲げて体重をかける練習をし、より自然な形での歩行を目指すと言われました。

足を外に回す歩き方で普通のスピードで歩けるようになるのかと思っていたので、歩き方を変えていくと言われて腑に落ちました。

マヒしている手も、毎日肘を伸ばしたり、手の甲を上に向けたり(普通にしていると手のひらが上に向いている状態)、指を伸ばすようにしています。

毎日やっていると、だんだん伸びてくるものですね。

夫の手を動かすと「痛い」と言われるので動かすのが怖かったのですが、開脚をしようとすると痛いけれど毎日やっていると段々広がってくるのと同じと訪問リハの療法士さんに言われたので、毎日ちょこちょこ動かすようにしています。

どこまで動けるようになるかわかりませんが、毎日コツコツ、ですね。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です