美容外科医もアイドルも。コロナ禍で生き残るために

コロナ禍の不況で状況が変わった業界は多いようです。

飲食業界が苦しい一方、巣ごもり需要が増えたネット関連やゲームは活況だとか。

みんながマスクをしている今が整形のチャンスと考える人も多いらしく、美容整形外科も好調のようです。

美容外科は新分野を開拓

美しくなりたい女性がいる限り、この業界は安泰なのだろうと思ったら、そんなことはないようです。

この業界での成功者、高須クリニックの高須院長の後輩のお医者さんたちは、

「これからもっと伸びる分野だから、高須先生のような美容外科医を目指します」

と言うそうです。

ところが先生が言うには、この分野はすでに刈り取られてしまっているのだとか。

これから厳しい変化の時代が来るだろうから、もっと視野を広げて新たな開拓地を見つける人にならないといけないそうです。

そもそも高須先生が成功できたのは、美容整形が未開の分野で誰も耕す人がおらず、自分が先駆者として開拓できたから。

美容外科の世界でも、人の通ったあとではなく新たな分野を模索しないといけないとは、「成功」への道は厳しいですね。

アイドルは「好き」を生かす

コロナの影響を受けているのは芸能界のアイドル達も同じ。

ライブや握手会のできないアイドルグループは、オンラインでの配給ライブやトーク会をしているものの痛手であることは間違いありません。

そこで生き残りをかけて見つけた道が、個人の「好き」を突き詰めること。

日向坂46の丹生明里さんは「ゲーム好きアイドル」としてゲーム番組に出演、オンラインゲームを自ら編集した実況動画を公開しています。

乃木坂46の山崎怜奈さんはクイズ・歴史・ラジオ好きであることを生かしてクイズ番組などに出演し、ラジオでも冠番組が始まり、初めての著書も出版します。

日向坂46の影山優佳さんはJリーグの魅力を紹介するブログを始めたことからサッカー番組に引っ張りだこになり、サッカーアイドルの地位を確立。

そういえば、夫が週末に見ている競馬番組にも、アイドルっぽい女の子が出ていることがあります。

「好きでもないのに可哀そうに。事務所に言われてるのかな」と夫は同情的ですが、意外と本当に好きなのかもしれません。

「芸は身を助く」と言いますが、芸のレベルまでいかなくても、好きであるだけでもチャンスを得ることはできるようです。

美容外科医もアイドルも、生き残って人より抜きんでるには工夫をこらさないといけないということですね。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です