義母が生前くれたのは

義母が生前、

「これ、あげるわ」

と言って私にくれたものがあります。

ネックレスや指輪です。

もう使わないからということだったので、突然どうしたんだろうと思いながらもらいました。

今から考えると、「万が一の時はよろしく」ということだったのかなと。

実際のところ、家の玄関で亡くなっているのを見つけたのは私でした。

アクセサリーを付けない人

遺品整理をしていて思うのですが、義母のアクセサリー類はほとんど出てきません。

おもちゃのようなネックレスが一つあっただけです。

自分が持っていたアクセサリー類で、宝石店で買ったようなものは私にくれた3点がすべてだったようです。

ケースはどれも古びて汚くなっているので、出して写真を撮りました。

上が水晶のネックレスとイアリング。

32000円の値札がついています(笑)。

左下が珊瑚のイアリング。沖縄土産のようです。

右下の指輪は何の石かわかりません。

余裕がなかったのかも

義母は若い頃は10年くらいOLとして働いていました。

弟や妹の学費を出していたと聞いたことがあるので、アクセサリーに興味がなかったというより、お給料を好きに使えるような余裕がなかったのかもしれません。

結婚してからも義父の少ない給料でやりくりする日々が続き、家を買うこと、二人の息子を大学に入れることだけに注力していたようです。

夫の実家にモノは腐るほどたくさんありますが、義母の趣味的なものはまったくありません。

信仰の厚い人で、四国巡礼も子どもが小さい時、年を取ってから夫婦で、と何度も行ったことがあるらしいのです。

それが趣味だったのでしょうかね。

夫は思い出したように、

「おふくろは幸せだったのかな」

と言います。

私も、義母は幸せだったんだろうかと思うことがあります。

若い頃は苦労が多かったようですが、最後のころ、

「ひとりで気楽に過ごさせてもらってありがたい」

というようなことを言っていたので、幸せだったのだろうと思いたいです。

大事に残しておく

義母からもらったものは、一度も使ったことがありません。

それに指輪は私の指には入らないのです(小指にしか入らない)。

義母は背が高くて、骨組のきゃしゃな人でした。

もらったものを使うことはないだろうけれど、このまま大事に取っておこうかと思います。

私が死んだら娘に行くでしょうが、「いらん」と言いそう(笑)。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です