電話しながら怒っている人。怒りはコントロールできる

先日、電話しながら怒っている人を見ました。

場所はなんと本屋の中。

その人は店内を歩きながら話してましたが、静かな店内、いくら声を押し殺していても聞こえてしまいます。

なんで店の外に出なかったんでしょう、あの人。

相手は身内らしい

怒っている主は女性で、後ろ姿では40~50代くらい(顔は見ていない)。

・今まであなたは家族のために何かしてくれたのか教えてほしい。

・まずはあなたが嘘をつかないことから始めてほしい。

・こんな状況で仕事に行けるわけはない。

というようなことを言っていて、何のことやらわかりませんが、なかなかの不穏なセリフの数々でした。

相手は身内のようですが、ダンナさんかな?子どもかな?

怒りには怒りで対抗

彼女の怒りはすごく伝わりましたが、同時に、相手は反省したり改めようと思うことはないだろうとも感じました。

仮に怒っていた女性が100%正しいとしても、あんな風に怒りをぶつけられると反発したくなるでしょう。

現に、相手は二度ほど勝手に電話を切っていたようです。

難しいけれど、やはり冷静にならないといけませんね。

でも、怒りをコントロールするのは難しいことです。

どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

怒りをコントロールするには

1.自分の怒りの癖を知る

まずは自分がどんなときに、どんな怒り方をしているか、自分の癖を知ることです。

怒りを覚えた相手、状況、自分のとった行動、そしてその結果どうなったか、それらをメモにしておきます。

「疲れて仕事から帰ったときに、〇〇されると怒りを抑えきれない」などの傾向もわかります。

2.最初の6秒をやり過ごす

怒りは最初の6秒でピークに達するそうです。

この6秒をやり過ごすことができれば冷静さを取り戻すこともできます。

数を数えたり、深呼吸したりして6秒間をやり過ごしましょう。

3.具体的に伝える

どうしてほしいのか、具体的に相手に伝えることが大事です。

感情に任せて怒鳴ったり、相手の人格を否定するようなことを言ったり、また自分の機嫌や都合によって気まぐれに怒ったりしないようにします。

**********

闇雲に感情をぶつけても、相手からは言い訳や気持ちのこもらない謝罪しか引き出せず、同じことが繰り返されるかもしれません。

相手が必要以上に追い詰められた気持ちになったり、あるいはこちら以上に相手が怒ってくることもありえます。

カッとなっても、冷静さを取り戻せるようにしたいものです。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です