喪服がキツイ。重力に負けてきている

義母の一周忌に喪服を着ました。

着たのは1年ぶりなのですが、着てみて、あれ?

なんだかウエストあたりが窮屈になったよう。

体重は昔とそんなに変わっていないはずなのに。

もしかして、土砂崩れのように肉が下がってきているのかも。

ショック。

着ると疲れる

喪服なので、そんなに体にフィットしたデザインではありません。

ストンとした、ちょっとウエスト辺りが細くなったワンピースとボレロの組み合わせです。

そういえば、1年前の義母のお葬式にこれを着たとき、座っているときに妙に疲れる気がしたのです。

あれはキツかったからか……。

キツいとはいえ、パツパツなわけではないのが曲者です。

着て着れないことはないし、座ったときにはち切れそうになるほどでもない。

ケチな私は、何と書き続けられないかと考えてしまいます。

うーん、どうしよう。

選択肢

  1. 新しく買い直す。
  2. お腹やウェストを引き締めるような運動をする。

私には高齢の両親がいますので、あと間違いなく2回は使用します(不謹慎だな)。

一応は入るので、買い替えるのがもったいないという気持ちもあります。

それなら、さっさと引き締めないといけないわけですが、以前、スクワットに3種類の体操をプラスしたところ、4日しか続きませんでした。

買ったほうが早いな、これは。

そのほかの問題

今回も服着て、キツイことのほかに問題点がもう一つあることを思い出しました。

後ろのファスナーがあげられない。

肩がうまく動かないのです。

やってやれないことはないと思うのですが、今回はさっさと夫に頼みました。

一人で着るとなると汗だくになりそう。

普段から後ろファスナーの服なんて着ないので、腕を背中側に回す動きをすることがないのです。

背中かくときぐらい?

その場合も、もう背中全面にくまなく手が届かなくなっているので、孫の手を愛用しています。

これから年取って、もっと肩が硬くなるかもしれないし、やっぱり買い替えたほうがいいのかな。

でも、後ろファスナーでないデザインなんてあるのでしょうか。

そうだ、ついでに思い出したのですが、履いた靴も少し歩いただけで小指が痛くなったのでした。

靴も買い替え?

物入り、かつ、面倒。でもやっとかないと後悔しそうだし。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です