寂しいお正月に慣れるしかない

今年のお正月は本当にやる気が出ませんでした。

お正月と言っても、我が家はたいしたことをするわけではありません。

夫婦お互いの実家に顔を出して、親ときょうだいに会うだけ。

私の実家ではお昼を食べますが、夫の実家は近いせいもあって少ししゃべってすぐに引き上げます。

その程度なのに行く気がしない。行きたくない(自分の実家も)。

義母が昨年の10月に亡くなったので、それがきっかけでやる気がなくなったのかとも思いました。

両親を見て気持ちが塞ぐ

嫌だと思いながらも、いつも通りに行きました。

私の両親は年齢のわりには元気ですが、耳も遠くなっているし、立ったり座ったりがスムースにいかないあたり、やはり年には勝てないようです。

年末から正月にかけてのどこにも行きたくない気持ちに加え、両親の衰えを見てこの先を考えて暗い気分になるという年末年始でした。

そして9連休ということでずっと家族が家にいたため、一人になって自分の気持ちをじっくり考える時間がなく、嫌な気持ちをズルズルと引きずってしまいました。

娘の不在が

なぜそんな暗い気持ちになっていたのかがわかったのは、三が日が過ぎたころ。

一人暮らしをしている娘は、このお正月には帰ってきませんでした。

仕事があるし、お正月休みは短いので帰らないと聞いていたので、それは承知の上でした。

ただ、娘の休みに合せて夫と会いに行こうとしたところ、友達と遊びに行く予定があるから、また今度にしてと断られたのです。

落胆しまくりの夫を、むこうで楽しくやっているんだから何よりじゃないかと慰めていたのですが、夫と同じく私自身も、自分で思っていた以上に娘の不在が堪えたようです。

きっと、娘が帰って来ない、会いにも行けないことで、お正月が一気にどうでもよくなったのではないかと思います。

慣れるしかない

娘に無理してでも帰ってきてほしいわけではなく、元気で楽しく過ごしているならそれでいいのです。

でも、これまで当然のように家族四人で一緒に過ごしていたお正月が、もう普通のことではなくなったことが、自分の中でまだ消化できていない感じです。

もうこれからのお正月は娘抜きになるでしょう。

息子も就職してしまえば帰ってくるかどうかわかりません。

慣れるしかないのですが、ちょっと辛いです。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です