ドミニック・ローホー「シンプルリスト」感想

ローホーさんは、ミニマリズムブームの先駆けと言われる「シンプルに生きる」の作者です。

ドミニック・ローホー「シンプルに生きる」

この本で書かれているのは「リスト」について。

ToDoリストなどでお馴染みのリストです。

やるべきことをメモとして書き出す人はいると思いますが、ローホーさんはもっとさまざまなことについてのリストを作るように勧めています。

リストの作り方

ローホーさんは普段持ち歩く手帳に、アイデアがわいたらその場でメモし、後でリング式のシステム手帳に整理しているそうです。

リストは作ってみたいものから始めればよく、この本には参考になるテーマがいろいろ載っています。

最初のページに後で検索しやすいようにリストのリスト(目次のようなもの)を作っておくと便利だとか。

見直すときにわかりやすいよう、日付や見出しも書いておくといいそうです。

リストのテーマ

実にいろいろなテーマが載っています。

「理想的な1日」、「思い切ってやってみたいこと」、「憧れのライフスタイル」、「1日の中で感じる幸せ」などを書くことで、自分が何を大切と考えているかわかったり。

「自分自身の長所と短所」、「自分の限界」、「弱点」、「恐れていること」や「不安を感じること」などを書いて、自分への理解を深めたり。

「自分の中で価値があると思うこと」、「これまで学んだ専門や積んだ経験」、「誇らしく思う50のこと」、「自分の才能」、「周りの人に好かれていると思うところ」など、成功を書くと自分の可能性や力を信じることができます。

いいことばかりではなく、自分の怒りについても書くことを勧めています。

「自分がいつ、どこで、誰に対して、何に対して怒っているのか」、「自分を苦しめている人に会ったら言いたいこと」、「恨んでいる人」、「復讐の方法」についても書き、書いたものは捨てます。

そうすれば、怒りから取り返しのつかない状態に陥ることを避けられます。

書くことの効能

「書く」ことが頭の中を整理することにつながることは知られています。

ジュリアン・キャメロンは「モーニング・ページ」を勧めています。

モーニング・ページとは→モーニング・ページを始めてみた

自分を客観的に見るために、内観日記をつけるといいとも言われます。

長い文章を書くのに慣れていなかったり面倒だと感じる人には、リストのほうが始めやすいかもしれません。

ローホーさんによると、

「リストは暮らしをコントロールし、時間を節約し、ど忘れや勘違い、ストレスを防いでくれ、人生に役立つ大切なもの」

だそうです。

やってみようかという気になりますね。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です