心臓が止まりかけた

トイレの話ばかり続いて恐縮ですが、先日、肝が冷えるような思いをしました。

夫がトイレに入る時は、ズボンを下ろして便座に座ったのを見届けてドアを閉め、水を流す音が聞こえたらドアを開けるようにしていました。

その日、夜の10時頃にトイレに行った後、しばらくしてからどん!というすごい音が。

慌ててドアを開けると、便座と壁の隙間に倒れている夫が見えました。

どうしよう!とパニクる私がよほどひどい顔をしていたのか、「まあ落ち着こう」と夫。

なんとかトイレの外まで引っ張り出し、トイレの外の手すりにつかまってもらい、脇に手を入れて立たせることができました。

いやもう、尿パットにするかトイレに行くかとかいう話ではなかったです。

転倒なんて一番避けなくてはいけないのに。

どうやら少しおしっこが飛んだようで、リハビリパンツを替えないといけないから、リハパンを十分引き上げずに動こうとしてしまったような?

パンツ下げたままだとマヒしていなくてもコケますよね。

なんでそんな格好のまま動こうとしたのかわかりませんが。

倒れたときに下になった左腕が少し痛いくらいで、骨折などはなさそうでホッとしました。

そして私もぎっくり腰にならなくてラッキーでした。

夫の動きにはもっと注意深くならなくては。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です