突然体重が減ってかえって苦労する羽目に

数年前、何もしていないのに3kgほど体重が減ったことがあります。

食べる量や内容も、運動量も変わりなく、大きなストレスがかかったわけでもなく。

なんか気持ち悪かったですよ。

体調に変化はなかったのですが、病気じゃないかと心配しました。

それまで、せっせと歩いたり、お茶碗のごはんを少し減らしたりしても、なかなか体重って減らないものだと実感していたくらいだったのに。

しかしいざ減ってみると、この年ではあまり体重を減らすのはよくないのではと思いました。

ある程度の年齢になると、体重が減ると「貧相」へと向かう気がするのですね。

おやつを食べる

そこで、おやつを習慣とすることにしました(その以前、菓子パンを食べる習慣があったのを、体重の増加を気にしてなんとか止めたところだったのに)。

おやつは何を食べるかは考えず、パンでも甘いものでも果物でも、おかきでも。

これは、食が細くなる高齢者に対して、なんでもいいから口に入れるようにしたほうがいいとアドバイスしているのを新聞で読んだためです。

これ以上は体重を減らしたくないので、ちょこちょこ食べるようにしよう、と。

体重測らず

問題はですね、その後の自分の体重に、あまり注意していなかったことです。

定期的に体重を測ればよかったのですが、気が向いたときに体重計に乗るだけでした。

3kg減ったあと、たしか元の体重に戻ったのです(どのくらいで戻ったかは不明)。

で、それからまたしばらく体重測っていなくて、久しぶりに測ったら2kg増えていたという。

そんなに増えんでええねん。この2㎏はいらんねん。

そう言っても、いったんついた体重はどこにもいきません。

何より恐ろしいのは、いったん身についたおやつ習慣を止めるのは大変だということです。

今も、クルミ餅食べながら書いている始末(泣)。

意味なく減るな(怒)

あの意味不明な3kg減のせいで、妙な考えを持ってしまったのが痛かった。

「多少食べても太らない。いや、意識して食べなければ減ってしまう。

だから、食事はしっかり、食事以外のおやつも毎日とろう」

なんて恐ろしい考え(笑)。

宝くじで大金を手に入れた人が、永遠にお金はあると思うようなものでしょうか(違うか)。

今は食べれば食べた分、体につきます。2kgプラスになっているし。

なのに、考えがなかなか訂正できないでいます。

まずい。

それにしても、あの体重減は何だったんだろう。フェイント?

体調は以降も変わりなく、本当に意味が分かりません。

意味などなかったのでしょうかね。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です