頼らないつもりなのに

29日に帰ると息子から連絡がありました。

そして次の日はちょっと出かけると。

え、出かけるの?

夫の実家の掃除を手伝ってもらおうと思っていたのに。

息子は私の手伝いをするために帰ってくるのではなく、ゆっくり骨休めするために帰ってくるのだとわかりました。

仕事もずっと忙しかったし、ゆっくりしたい・遊びたいのはわかります。

わかるけれど、夫のいない年末で、やって欲しいことがあると気づくだろうという気持ちもあったりして。

いや、確か息子に頼らないようにと思っていたのは自分だったはず。

文句言わずに、実家の掃除は一人でやることにします。

掃除自体は簡単に済ますつもりなので大丈夫ですが、家を出る前の戸締りなどのチェックに他の人がいたほうが安心なんですよ。

窓の鍵とかエアコンや照明消したかとか。

以前、エアコン消したか不安になって、午後からもう一度行ったことがあります(ちゃんと消していました)。

しっかり確認さえすれば一人でできないわけはないので、こんなこと言うのは止めよう。

夫が倒れてからできるだけ息子に頼らないようにと思ってきたつもりだったけど、しっかり当てにしていたと自覚しました。

年末に限らず、気を付けないと。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です