気持ちが疲れる遺品整理

夫実家の遺品整理6回目を行いました。

今回は階段下の物置。

息子も参加したので(小遣い目当て)、重いものがあった時のこと考えて、何が入っているかわからない場所を片づけようと思ったようです。

物置に入っていたもの

階段下の物置って、普通はどんなものを入れるのでしょう。

実家の物置にどっさり入っていたのは古着などの布ものでした。

夫と弟が若い時に着ていた服とか、こたつや布団やトイレで使うカバー類が収納ケース2つと、たくさんの(数えていない)段ボールにいっぱい。

鞄もありました。

ナイロンのリュックやスポーツバッグみたいなものが、こんなにたくさんどうしてあるんだろうというほどありました。

折りたたみ傘も10本ほど。

義母の女学校の卒業アルバムもありました。

ところが、写真を見てもどれが義母だかわからないのです。別にいいんですけど。

なぜ捨てなかった

遺品整理を何度もしているうちに、「どうして捨てなかったんだろう」という不毛な疑問はできるだけ抱かないようになりました。

だって誰も答えてくれないですから。

でも、遺品整理に慣れていない息子はしきりと、

「なんでこんなものが、こんなにたくさんあるん?なんで捨てなかったんだろう」

と不思議がっていました。

こっちが聞きたいよ。

疲れる

今回の片づけは妙に疲れました。

雨で、家の中が冷えていたせいもあるかもしれません。

エアコンはもちろんかけていましたが、階段下の物置を片づけるために廊下での作業でした。

「金が出てこなかったから疲れたんだろう」と夫は言うのですが、そういうことではないと思います(たぶん)。

確かに前回、思いがけずに現金が出てきたときは疲れを感じなかったけれど。

その時の記事はこちら→遺品整理で見つかったお金

今回は、これでもかというほどどっさりある不用品に、

「絶対にどんなものも捨てない。この家から出さない」

というような義父母の強い意志を感じて、精神を削られたような感じ。

何か問題でも抱えていたんだろうか。

いやいや、もう考えないでおこう。

車に満載

ゴミセンターに持って行くときの車はいつもこんな状態。

バックミラーには全く何も映りません。

そして実家に帰ってきたら、まだまだモノがいっぱいあって、全然片づいたようには見えないのです(泣)。

夫は「かなり減った」といつもポジティブなんですが、私は残っているものを見てげっそりしてしまいます。

階段下の物置、まだモノが残っています。

1回では片づけ切れませんでした(信じられん)。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です