浮気でも仕事の失敗でも最後に問われるのは

芸能人の浮気がテレビを賑わすことが多いですが、妻がそれを許す・許さないの違いはどこにあるのでしょう。

第三者にとっては関係のないことですが、ちょこっと考えてみました。

梅沢富美男氏

度重なる浮気をしながら妻に許され世間のバッシングも受けていない人、それは梅沢富美男さん。

「自分も含めて芸事で食っていこうとする人間は、口ではどんな立派なことを言っていても、心の底に「目立ちたい」「モテたい」という欲望をずっと持っている」

なんて、ほとんど開き直っているように聞こえます。

まあ梅沢さんが浮気しようがどうしようが、世間はどうでもいいと思うでしょうが。

でも妻側の気持ちはどうなんでしょう。

奥さんのお父さん

梅沢さんの奥さんは、自身のお父さんもまた色好みの人だったそうです。

裸一貫から建設業を立ち上げ、病気や倒産の危機を乗り越えて財を成した人だとか。

昔、お父さんが倒れて入院したことがあったそうです。

すると梅沢さんの奥さんが、いくつも封筒を用意してお金を入れていっている。

何をしているのかと聞くと、「父の代わりにお妾さんにお手当を渡しに行くの」。

二人が結婚するとき、お父さんは「役者と一緒になるなら金や女のことで泣き言は言うな。覚悟を決めて結婚しなさい」と言ったとか。

だから、奥さんは夫が遊んでいても騒がないのだというのですが、そうなのかな?

妻の気持ち

夫の浮気を許す妻の気持ちを考えてみると、パターンはいくつかありそう。

・すでに「男と女」という意識は薄れている。

家庭の構成員としての仲間意識があるため、やっていけている。

・夫が家では妻を大事にしている。

「浮気さえなければホントいいダンナなのよ」と妻が言うような夫婦はこのパターンかも。

・子どものため、お金のためなど、一緒にいることが自分にとってメリットが大きい場合。

仮面夫婦なんかはこれに当てはまりますね。

梅沢さんちはどれかな。真ん中かな?

失敗しても許される人

失敗小僧さんというユーチューバーが、会社で失敗したときに許される人と許されない人がいるという話をしていました。

両者を分けるのは「人柄」なんだそうです。

人柄とは何を指すのかというと、いつも笑顔でいるとか、人の失敗を責めないとか、真面目に仕事する、うそをつかない、というようなことだそうです。

そういう人は仕事で失敗することがあっても、社内で許されるというのです。

納得できる話ではありますね。

**********

浮気がばれたとき、会社で仕事に失敗したとき、最後に問われるのは「人柄」ということなのかもしれません。

会社では複数の人がいますから、人柄の定義も一般的なものになるでしょうが、家庭では妻(夫)一人の判断になります。

こちらのほうがハードルは高そう……。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です