好みの服を見つける難しさ

「あ~服が欲しいな~」と女性ならたいてい思っていることなのではないでしょうか。

自分に似合う服が把握できていて、服装計画をかっちり立てているような人は、服のことはあまり考えないで済んでいるかもしれません。

私などは、

「いいと思って買ったのに、何か違う」

「欲しい服が探して見つからないので、仕方なしに売っているものを買った」

「ある日突然、着ている服が似合っていないことに気づく」

など、小さいけれど思い通りにいかないことが普通に起こっています。

服を買う(着る)って、なかなか簡単ではありません。

見つからない

私が一番、思い通りにいかないことというのは、「欲しい服が見つからない」ことです。

特に奇抜なおしゃれをするわけでも、特殊な体形をしているわけでもありません(小柄ではあります)。

自分にしてみればごく普通のデザインの服を探しているのに、なぜか見つからないのです。

もうちょっと襟が小さくて、丈が長く(短く)て、色味が明るく(暗く)かったらいいのに。

少しのところで好みに合わないということがよくあります。

迷った末に、結局買わないことがほとんどです。

だからどうしても服が増えず、いつも同じ服を着ることになります。

おそらく流行から外れたものを買おうとするので見つからないのでしょう。

使える服がないために、好みに合わなくても我慢して買うこともあります。

そんなときは、着るたびに「〇〇がもうちょっと△△だったらよかったのに」と思うことになります。

なんだかなあと思いますが、どうしようもありません。

根気があれば

十代のころ、寒くなると着ていたツイードのジャケットは、買うのに付き合ってくれた母親があきれるほど探して探してやっと見つけたものでした。

友達から「お父さんの背広みたい」と言われるような服でしたが、すごく気に入って何年もそればかり着ていました。

今でもそうやって根気よく探し続ければいつかは好みの服が見つかるかもしれませんが、もうそんな根気は残っていないです。

悲しいけれど、今では「すぐに見つかるけれど好みでない服を買う」ほうへと流れています。

最近も服を探していて、出かけたついでに見ていますが(ネットでも探しましたが)ありません。

もうあまり深く考えずに、売っているものを買ったほうがいいのでは、と思うようになっています。

逆に言うと、次から次へと服を買い続ける人は、「これでないとだめ」というくらい気に入ったものを見つけることが買い物欲を抑えることになると思います。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です