我慢できないかゆみの原因

この暑さにメゲそうになる毎日ですが、私の場合、それに輪をかけてストレスなのが体のかゆみです。

もう、とにかくかゆい!

振り返ると、夏になるとかゆみに悩まされるようになったのは40代から。

首周りがかゆくなり、かきむしった挙句に喉に横一に真っ赤な筋ができ、まるで絞殺されかけた人のようになったこともあります。

今年もかゆみに悩まされていますが、かゆくなる箇所は微妙に変わってきているのが面白く、はないけれど、体や皮膚も毎年変化しているのでしょうかね。

汗かかないところもかゆい

この夏かゆいのは、肘の内側、肩、脛、足首などです。

もう毎日、ウナとかアセムヒとかを塗りたくっています。

塗っても塗ってもかゆい。

皮膚科に行けば早いのはわかっているのですが、混んでいるだろうと思うとどうも足が向かないのです。

肘の内側がかゆいのは、これはもう汗をかくからでしょう。

汗にかぶれているのでしょうね。

では肩や脛、足首は? あまり汗かかない場所ですよね。

保湿が効く

不思議なのは、お風呂上りでエアコンが付いている部屋にいても、かゆいこと。

もしかして、と思って、かゆい箇所にお風呂上りにワセリン塗ってみました。

あ、ちょっとマシかも。

でも次の日には普通にかゆくなったので、今度は以前に皮膚科でもらって残っていたヒルドイドクリームを塗ってみました。

足首がかゆくなったときに、ウナやアセムヒ塗らずにヒルドイド。

すると、かゆいのが治まりました。

乾燥やったんかーい!

マスクで隠れるところは

保湿剤塗れば、まったくかゆくなくなるほど簡単ではありませんが、保湿すれば多少はマシになりそうです。

本音を言うと、暑いときにあまり肌に何かを塗りたくはないのですが。

こんなこと言ってるから余計に乾燥するのでしょうね。

そういえば、顔もかゆいのですが、目の周り、こめかみ、額の生え際などで、マスクを付けて隠れるところはかゆくないのです。

買い物している間の、せいぜい1時間くらいしかマスクしていませんが、それでも店舗はエアコンが効いていて乾燥しているでしょうから、少しは保湿になっているのかも。

**********

私は化粧品で顔がかゆくなるようになってから、スキンケアもほとんどしないようになっています。

化粧品の刺激を避けても、少なくなっている皮脂を補うようにしなければ、やっぱりトラブルは起きてしまうことを痛感。

反省して、ちゃんと保湿するようにしよう。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です