目的を絞れば数が増えるのを抑えられる

趣味が本を読むことなので、どうしても本が増えます。

しかも一度読んだ本を読み返すことはそれほど多くありません。

次から次へと新しい本が読みたくなるのです。

買い物に行くたびに本屋をブラブラ。

ちょっとおもしろそうだと感じた本は買ってしまいます。

そりゃ本が増えるはずだわ。

本を増やさないために

家の中の本を増やさないようにするには、

・読み終えた本はブックオフなどの古書店へ持っていく

・図書館を利用する

・電子書籍にする

などが考えられます。

私の場合、蔵書数の多い図書館へは往復の電車賃が1000円近くかかる、電子書籍は紙の本より目が疲れるなどの理由で活用できていません。

ブックオフへはたまに要らない本を持っていくのですが、代わりに読みたい本を買って帰るので、あまり減っていないということになります。

買う本を絞る

本を増やしたくなければ、買う本を絞るしかありません。

入ってくる本が減れば、コツコツ売っていれば全体数はいつかは減っていきます。

一番よく読んできたのは小説ですが、最近は以前ほどには読まなくなりました。

これが読みたい!と強く思うものが見つかりにくくなってきたためです。

残念ですが、私にとってはいいことかも。

今後、すごく好きな作家が見つかったりしない限りはそれほど買わないはずです。

小説以外の実用書では、このブログで紹介できるような本だけを買うことにしました。

片づけ関連本や暮らし方の参考書になるような本に限定すれば、小説ほどには次々読みたくならないでしょう(おそらくどの本も書いてあることは似ていると思うんですよね)。

このように決めたところ、以前に比べて買う本が減ってきました。

何度も読み返す

趣味は本を読むことだからと、おもしろそうな本を見つけるとよく考えもせずに買ってきました。

そして、おもしろかった本も一度読んだらそれっきりで、ずっと本棚に仕舞われたままでした。

考えてみればもったいないことですね。

先日「シンプルに生きる」(ドミニック・ローホー)を1年ぶりに読み返したところ新たな気づきもあったので、同じ本を何度も繰り返して読むのも大切なことかもしれないと思いました。

小さな本棚に、何度も繰り返し読んでいる愛読書が並んでいる、それが理想です。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です