やっと娘のところへ行けた

年内に娘のところへ行こうとして何度か断られていたのですが、ようやく行くことができました。

久しぶりに娘に合えた夫は大喜び。

娘は単に不用品(本や漫画)を持って帰ってもらうだけが目的だったようですが。

掃除と買い物

不用品を持ち帰ること以外に、お風呂場の鏡を磨くこと、洗濯機の掃除が今回の私のミッション。

ちゃんと鏡用のスポンジや洗濯槽クリーナーを用意してあったので、掃除はサクサク済みました(自分でさせないといけないと反省しつつ)。

台所で使っていた棚が壊れかけているので新しいのが欲しいと言われ、ニトリへ出かけました。

収納棚はすぐに見つかりましたが、それ以外にもクッションとかタオルとかをぽんぽんカゴに入れる娘。

けっこう気軽に入れるなと思っていたら、

「払ってくれるの? ありがとう」

だって。

なんでこう娘も息子も働いてお給料もらっているのに親に払わせようとするのか。

で、夫はなぜ嬉しそうに笑っているのか。

納得できんわーと言いつつ払いましたけど。

元気で楽しそうに働いているなら、これくらい払ってあげたいと思うのでしょうね(夫は)。

それはともかく、年末になって、結構かさばる燃えないゴミ(収納棚)を持って帰る羽目になりました。

よく話すようになった

娘は小さいとき、学校であったことなどをあまり話さない子どもでした。

今でもラインでのやり取りでは、こちらが聞いたことにひとことでしか返事しないので、全体像がわからないことがよくあります。

でも実際に会うと、よくしゃべるようになったと思います。

今回も、職場の人や仲のいい同僚のことなど、好きな映画や本の話など楽しそうに話していました。

職場では人に恵まれているようで、本当にありがたいです。

息子が帰省

道路は渋滞しなかったので、行きも帰りもそれほど時間がかかりませんでした。

家に帰って1時間ほどしてから、今度は息子が帰省。

また夫が最寄り駅まで迎えに行っていました。

娘と会えるのはこれで年内最後。

お正月は休みがあるものの帰らないようです(こちらから行くことを夫が提案していましたが断られていました(笑い)。

息子との3人のお正月になります。

もうすぐお正月なのに、なんだかすごくやる気が出ません。

娘の元気な顔を見て、息子が帰ってきて、ホッとして気が抜けたのかも。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です