小さなノートでは思考も小さくなる

朝、モーニング・ページを書くのが日課です(土日は書いていません)。

モーニング・ページを始めてみた

モーニング・ページの提唱者、ジュリア・キャメロンさんが言うように、ちゃんと3ページ書いています。

もう7カ月ほど続けているのですが、どうも「これでいい」という感じがしません。

ずっと続けているのに、効果が感じられないのです。

ノートが小さすぎる?

キャメロンさんが言うように、モーニング・ページの目的が「脳の排水」だとするなら、書き終われば、多少すっきりするのではないでしょうか。

私はそれがありません。

どうしてかなと思っていたのですが、人気ブロガー、筆子さんの「それって、必要?」を読んだときに、その理由がわかりました。

モーニング・ページに使うノートについて、筆子さんはB5を勧めています。

小さいノートを使ってもよいのですが、そのぶん思考も小さくなってしまう、というのがキャメロンさんの意見です。

とありました。

もしかしたら、これが原因かも?

ノートをB5に

私はモーニング・ページを書くのにA6サイズの手帳を使っています。

3ページ書くということなので、朝にそれほど時間をとりたくないからです。

でも、おそらくこの手帳の小ささのために、書く量も内容も限られてしまい、毎日書いても効果を感じるところまでいかなかったのかもしれません。

そう気が付いてからはA6サイズの手帳は止めて、B5のノートを使うことにしました。

手帳は小さいので、書く内容によっては思考が小さくなってしまうということは確かにあると思います。

100のリストも小さなことばかり

以前に、自分のやりたいことを100個書き出す、ということをしたことがあります。

このときも、A6サイズの手帳を使いました。

書いているときは、とにかく100個書き出すことに苦労していたので、特に何も気づきませんでしたが、あとでリストを見直して、実に「小さい」ことばかり書いているのに驚きました。

普段から、小さいことばかり考えているからだというのもあると思いますが、紙面の大きさが書き手に与える影響というのもあるのではないでしょうか。

ちなみに、私の100のリストには「○○を食べる」というのが多くて、恥ずかしくなりました。

食べることが趣味の人ならわかりますが、私はどちらかと言うと関心が薄いほうです。

手っ取り早く思いつくことが食べる事しかなかったようで、ほかに考える事はないのかと自分に突っ込みたくなりました。

これも、もしかしたら小さな手帳に書いたせいかもしれません。

「大きく考える」というのは簡単そうですが、やろうと思ってもなかなかできません。

思考を大きくするために、B5のノートにしてみます。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です