余計な買い物をしないために大切なこと

余計な買い物をしないためには、何が「余計」であるかを知っておく必要があります。

言い換えると、自分に必要なものはコレ!とはっきりわかっていると、使いもしないモノを買うことはなくなるわけです。

自分に必要なものは何か。

それを知るには自分を知らなくてはなりません。

自分を知る

例えば服。

「こういう服は買わない」という基準がある人は多いと思います。

私なら、身体にフィットした服は買いません。

でも、買わない服はありますが、「こういうものしか買わない」というはっきりしたルールはありません。

制服化をしている人は、このルールがしっかりできているのでしょう。

自分が好きなもの、自分に似合うもの、自分が飽きずに使えるもの。

自分のことをしっかりわかっていると、買い過ぎることも、買い物の失敗も減らすことができます。

この「自分を知る」というのは難しいですよね。

なんとなくの好みはあっても、それほど厳密に考え抜いたことなどないし。

自分だけのたった一つ

そんなときにお勧めしたいのが、「自分だけのたった一つ」を決めること。

これは金子由紀子さんの本に書かれていたことです。

金子由紀子「モノに振りまわされない!片づけのコツ」

椅子でもコップでも、自分にとってのたった一つのものを選ぶことで、自分はこういう暮らしがしたいと明確なイメージを持つことになる。

「たった一つ」を持っていれば、他がなくてもやっていける、と。

テレビや雑誌で見たモノを、ふらふらと買ってしまうということもなくなるのです。

ちなみに金子さんのたった一つとは、

一脚しか選べないとしたら、木製で座面が広く座面高40㎝以下のもの。

一着しか選べないとしたら、藍染めの木綿の長袖ワンピース。

一足しか選べないとしたら、黒のスニーカー。

だそうです。

「たった一つ」を意識すると、流行とか「自分くらいの年齢ならこんな感じかな」などという考えが取っ払われて、そのモノに何を求めているのかがはっきりします。

私が服を選ぶならジーンズとか綿パン、靴は歩きやすければ何のメーカーでもいいからスニーカーとかになりそう。

まず動きやすさを考える人間だというのを改めて自覚しました。

こういうタイプは、いくら素敵なデザインの服でも多少動きにくいならば、もう絶対に袖を通すことはしないので買ってはいけないのです。

こうして、いろんなものに対する自分の好みをチェックしていけば、余計な買い物をすることもなくなります。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です