来年は手帳を止めようかと思案中

ずっと手帳を使い続けてきましたが、手帳を持ち歩く習慣はなく(荷物が重くなるのが嫌)、家に置いたままです。

スケジュールを書くためのものは欲しいけれど、持ち歩かないのであれば手帳である必要はありません。

もしかしたら手帳いらないかも?と思案中です。

使っている手帳

私の手帳は6穴のシステム手帳です。

ダ・ヴィンチのスリムタイプで、毎年レフィルを入れ替えてもう14年くらい使っています。

スケジュールの他、ブログネタをメモしたり、読んだ本のタイトルを記録したり、親戚関係のお金の記録(お年玉やお祝いなど)もつけていました。

子どもが学校に通っているときは何かと予定の入ることが多かったのですが、今はそんなことはありません。

予定は時どき入ることは入りますが、カレンダーに書きこめば済むような数です。

私は使っていませんが、スマホでスケジュール管理するという方法もありますね。

キャンパスノート

手帳とは別に、一冊のB5のノートもつけています。

1ページを1か月として左端に日付を書いています。

ページを半分に区切り、右半分には家事関係のことを書いています。

カーテンやラグなど普段洗わないものを洗濯した日や、換気扇や窓ガラスなど、こちらも普段はあまりしない掃除をした日を書いています。

左半分は主に体のことを書いています。

ウォーキングした日には歩数を書いたり、どこかの調子が悪い時はちょっとメモしたり。

後になって、いつから具合が悪いのかと思い出そうとしても思い出せないことが多いので。

私は脂漏性皮膚炎がありますので、ビタミン剤を飲んでいる時や皮膚科の薬をつけているとき、治すために新しいことを始めた時はそれについての記録をつけます(最近は特になにもしていないなー)。

二つを一つに?

内容によってあっちに書いたりこっちに書いたりするのは非効率ですし、モノも増えます。

私の場合、予定を入れるより日々の記録をつけるためにノート類を必要としているようです。

それならノートを主にして手帳は使わなくてもいいかもしれません。

というより、二つを一つにしてしまうというか。

キャンパスノートなどの大学ノートでもいいし、B5サイズのスケジュール帳を探してもいいかもしれません。

家に置いておくので別に小さくなくてもいいのです。

こんなことを書いていますが、もう2020年の手帳のレフィルを買ってしまっているので、しばらくは今までの使い方を続けるとは思います。

昔から手帳やノートなどの紙類が好きでした。

手帳はいらないかもしれない、という気づいて少し寂しい気持ちになりました。

それではみなさま、どうぞよいお年を。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です