ベニシアさん、介護施設へ

ベニシアさんのインタビュー動画を見ました。

インタビュアーはベニシアさんの40年来の友人、キャシー・アーリン・ソコルさん。

動画は9/3に上げられていて、ベニシアさんが介護施設に入る前の最後のインタビューだと言っています。

インタビューは英語ですが、日本語の字幕が付いています。

ベニシアさんの病名

長年放映されているEテレ「猫のしっぽ カエルの手」で、ベニシアさんは目が見えなくなっていると言われていましたが、このインタビューで病名が明かされています。

後部皮質萎縮症(PCA)という病気だそうです。

一番苦労していることは、やはり「ちゃんと見えないこと」。

「誰でも体調を崩したり病気になることはある。だから、自分もその時になったのかもしれないと思って、介護施設に行くのを待っている。

朝でも夜でも面倒をみてくれるから」と言っています。

夜になると目が見えなくなるそうです。

生活に不安

何があなたを幸せにしますかという質問には、孫娘のクレアちゃんに会ったことを話していました。

目は見えているようで見えないけれど、クレアちゃんの姿が見える気がすると。

キャシーさんが「頭の中でイメージを膨らませているのでは?」と言うと、「そうしようと思っています」。

病気の悪化に強い不安を感じている様子がうかがえました。

大原の家のことに話を向けられても、「家にいないほうがいいと思う」と言うのです。

「自分が大丈夫と思える状況にいたい。今の私はそれが十分ではありません」

サポートしてくれる友人は多いのでしょうが、みんな夜になると家に帰るし仕事もある。

NHKに2日間撮影させてほしいと言われているそうですが、今の自分にできるかどうかわからないと言っています。

働きすぎた?

いつもいつも忙しくしていたことが、病気になった一つの原因だと思っていると、ベニシアさんは以前キャシーさんに言ったことがあるそうです。

「何かをするとき、人の助けになればと思い行動していました。でも今は、私自身のために何かをしてほしいと思っています」。

命の大切さについてみんなに伝えたいメッセージは?

「働き過ぎないでください」。

「毎日、私はただ見えるようになることを願っています」と言ったあと、

「もし死んでしまっても、それはそれでいいのです。

私はベストを尽くしました。自分にできることをしようとしたし、そういう状況なら、そういう状況でいいじゃないかと。

だから怖くはありません。起こるべくして起こったのだと思います。

だから、一日一日をどうなるか見てみましょう」。

**********

介護施設に入って、夜も昼も誰かに見守ってもらえる生活を送るようになったら、ベニシアさんの不安も和らぐかもしれません。

もう施設に入ったのかどうかは、動画ではわかりませんでした。

NHKの番組は無事放送されるでしょうか。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です