ようやく外を歩けるようになった

先日、夫は理学療法士の先生と二人で、病院の周りを歩いてきたそうです(杖を持ち、支えられて)。

ぽかぽか陽気の日だったので、とても気持ちよかったそう。

倒れてから外を歩くまでに3か月近くたっています。

ようやくここまで来れたのかと感慨深かったです。

今度、外を歩くときは近くで見せてもらおうかな(療法士の先生には「いいですよ」と言ってもらっています)。

なんだか子どもの運動会を見に行く親のようですが。

足の方が順調に動くようになると、気になるのが手。

手は少し力が入るようになってきたものの、はっきりとわかるような変化は見られません。

夫だけでなく、一般的に足より手の方が回復は遅いそうです。

利き手が右手なのでよかったのですが、片方だけの手で何でもするのはやっぱり不便。

退院までにどこまで動くようになるのかなと気を揉む毎日です。

単調な入院生活に飽き飽きしている夫は、「病院は満床らしいから、早めに退院させられてしまうかもしれない」と勝手に退院が早まることを期待しています。

ギリギリまで入院してできるだけ機能回復に努めんかい、と心の中で思う私です。

読んでいただきありがとうございました。
ランキング参加中です。
応援いただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ  

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です